フランケンシュタインの恋 あらすじ 第9話

フランケンシュタインの恋

2017年04月23日(日)スタート
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】6月18日 第9話 放送予定
公式サイト

怪物は人間に恋をした

年の差100歳のラブストーリー

 

ストーリー

100年前のある事件をきっかけに生み出された怪物(綾野剛)は、森の奥でひっそりと暮らしていた。永遠の命を持つ怪物は人間とは懸け離れた肉体を持っているが、その心は優しさに満ちあふれ、無理だと分かっていながらも、人間として暮らせる日を夢見ていた。

そんなある日、怪物はある出来事を機に女子大学生の津軽継実(二階堂ふみ)と出会い、恋に落ちる。しかし、怪物には人間とは触れ合えない“ある秘密”があった。触れたいけれど傷つけたくない。好かれたいけれど嫌われたくない…。関わることで抱き始めた人間への複雑な感情が、やがて怪物を苦しめていく。

 

Sponsored Links


 

脚本:大森寿美男

挿入歌:しあわせの詩/Uru
発売日:2017年06月07日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しあわせの詩/Uru【1000円以上送料無料】
価格:1199円(税込、送料無料) (2017/6/12時点)

主題歌:棒人間/RADWIMPS

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間開花 (初回限定盤 CD+DVD) [ RADWIMPS ]
価格:3985円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

 

 

あらすじ 第9話

自分が怪物になる前の記憶を取り戻した深志研(綾野剛)。彼は、ラジオの生放送で自分の過去を語り始める。

120年前、貧しい農家に生まれた山部呼六(綾野・二役)という男がいた。呼六は、深志研が怪物になる前の姿だった。彼は医師になることを夢見て、独学で医師の資格を取得。医師の仕事をするうちに病気の根源を断つための細菌学を学びたいと思うようになった呼六は、富嶽伝染病研究所で細菌の研究を続ける医学博士・深志研太郎(斎藤工)に弟子入りを志願する。研太郎は、人と接するのが苦手な気難しい性格だった。彼は呼六を受け入れ、研究所に入院している患者の世話をさせることに。

患者に新鮮な野菜を食べさせたいと考えた呼六は、研究所の周りにある農地を借りて野菜を作ることを思いつく。彼は農地の持ち主である地主を訪ね、地主の娘・サキ(二階堂ふみ)と出会う。彼女は、津軽(二階堂・二役)の先祖。呼六から農地を借りたいと言われたサキは、サキの父が伝染病研究所の建設を反対していたので貸してくれないだろうと告げる。

しかし、呼六の熱意に打たれたサキは、一緒に父親を説得。呼六は、畑を借りる許可をもらう。サキは農作業をする呼六を手伝うようになり、二人は次第に心を通わせていく。

一方、研太郎は森の奥で密かに、世界中の菌類を集めて培養し交配させて新しい菌を生み出そうとしていた。それは不老不死の研究であり、彼は人間の細胞を永遠に生かし続ける菌が存在すると信じていた。

人嫌いで陰鬱な研太郎を心配したサキは、彼に近付く。研太郎はサキの優しさに触れ、彼女に心を開くようになるが…。深志研誕生の秘密がついに明かされる!

 

キャスト

怪物…綾野剛
100年前に生み出された不老不死の肉体を持つ怪物。顔や体に大きな傷はあるが、一見、怪物には見えない。

津軽継実…二階堂ふみ
大学で農学部に通い「菌」を研究する“リケジョ”。勉強一筋ではなく、そこそこ青春も楽しんできた。子どものころから体が弱く、死が隣にある日々を送ってきたことから、人生に対して冷めた目線を持っている。

稲庭聖哉…柳楽優弥
継実と同じ大学の研究室に所属する大学院生。継実に恋心を抱く中、怪物と出会い、実家で彼と一緒に暮らすことになる。

室園美琴…川栄李奈
不幸な家庭で育ち、家出した元ヤンキー。街をふらついていた時に稲庭の父に拾われ、大工職人として育てられる。

天草純平…新井浩文
怪物が大好きなラジオ番組のリポーター。お悩み相談担当。怪物と出会い、その秘密を知る。怪物の恋の良き相談相手でもある。

稲庭恵治郎…光石研
聖哉の父。工務店の社長で腕はいい。人情味あふれる職人かたぎで、居場所のない人を拾ってきては、職人に育て上げたりしている。

鶴丸十四文 …柄本明
農学博士で継実と聖哉の担当教授。怪物を研究していく。怪物の細胞を使えば、数多くの病気の治療に役立ち、人間が追い求めてきた「死のない世界」が手に入るかもしれないと考えるが…。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ