伝七捕物帳2 あらすじ 第2話

伝七捕物帳2

2017年08月04日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】8月11日 第2話 放送予定
公式サイト

今シリーズのテーマ

〝命の大切さ〟
〝生きることの素晴らしさ〟

情に厚い伝七親分が、胸に紫房の十手を引っさげて庶民を苦しめる悪と闘う!

 

【スポンサードリンク】

 

原案:陣出達朗「伝七捕物帳」

 

脚本:森脇京子、山本むつみ、森下直

音楽:沢田完

主題歌:七変化/一青窈
※9/13発売

 

あらすじ 第2話

「めぐり逢(あ)い、悲しき草笛」

奉公人の女を引き込み役に仕立てて商家を襲い、用が済むと殺してしまう残虐な手口の一味が犯行を重ねていた。

女をたらし込む役回りの男を見つけた伝七(中村梅雀)が後をつけると、手だれの男に襲われる。間一髪難を逃れた伝七だが、盗賊の一味と思われたその男は、実は遠山(松平健)の配下の隠密同心・辻村(寺島進)。滅多に姿を見せない盗賊の頭の尻尾をつかむために潜入捜査をしていたのだ。

辻村は伝七に手を引くよう求めるが、伝七は新たな被害者が出るのを見過ごせないと断る。だが次の標的のお幸(瀬戸さおり)と辻村には、知られざる因縁があった。

 

キャスト

黒門町の伝七(でんしち)…中村梅雀

お俊(しゅん)…田中美佐子

がってんの勘太…徳重聡

かんざしの文治…上遠野太洸

小夏…小芝風花

正助…風見しんご

お咲…大塚千弘

遠山左衛門尉…松平健

ほか

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ