セシルのもくろみ あらすじ 第9話(最終回)とキャストや相関図

セシルのもくろみ

2017年07月13日(木)スタート[全9回]
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】9月7日 第9話 放送予定
公式サイト

“もくろみ”
うごめくオンナたちが狂演!!

嫉妬、野心、友情…

幸せに見られることって、本当に幸せ?

ファッション雑誌業界を舞台に、
専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど、さまざまな
立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく群像劇。乞うご期待!

 

【スポンサードリンク】

 

原作:唯川 恵「セシルのもくろみ」(光文社文庫刊)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セシルのもくろみ (光文社文庫) [ 唯川恵 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)

 

脚本:ひかわかよ
(『救命病棟24時・第5シリーズ』『医龍4』)

主題歌:夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」
※発売日2017/8/9

 

あらすじ 第9話

奈央(真木よう子)は、由華子(吉瀬美智子)から、新しく立ち上げる雑誌のカバーモデルになってほしい、と誘われる。ある大手IT系企業が『ジョワイユ』という女性誌を創刊するのだという。由華子に連れられて『ジョワイユ』の創刊準備室を訪れた奈央は、編集長を紹介される。それは、晴海書房を辞めたばかりの洵子(板谷由夏)だった。しかも、由華子はモデルをやめて、洵子の下で新人編集者として働くのだという。

一方、山上(金子ノブアキ)やトモ(徳井義実)は、『ヴァニティ』元編集長の南城(リリー・フランキー)も晴海書房を辞めてしまったことを知る。『ヴァニティ』編集部内では、南城が洵子や由華子と合流するのではないか、と危機感を募らせる。事実、舞子(長谷川京子)がカバーモデルとなった8月号は過去最高の売り上げだったにもかかわらず、続く9月号はリニューアル前より販売部数を落としていたのだ。

由華子たちからの誘いを受けるべきか悩んでいた奈央は、江里(伊藤歩)に相談を持ちかける。だが、実は江里も、あるところから誘われており、悩んでいた。奈央と江里は、お互いに自分自身で悔いのない答えを出そう、と決めて…。

 

キャスト

宮地奈央…真木よう子

浜口由華子…吉瀬美智子

沖田江里…伊藤歩

山上航平…金子ノブアキ

小池雅美…小野ゆり子

石田信也…眞島秀和

平井早紀…石橋けい

登坂千絵…伊藤修子

 

坂下葵…佐藤江梨子

小田萌子…藤澤恵麻

安永舞子…長谷川京子

安原トモ…徳井義実

宮地伸行…宇野祥平

宮地宏樹…佐藤瑠生亮

森泰生…加藤雅人

黒沢洵子…板谷由夏

南城彰…リリー・フランキー

ほか

 

相関図(マウスが上にくると画像が拡大します)

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ