伝七捕物帳2 あらすじ 第7話

伝七捕物帳2

2017年08月04日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】9月15日 第7話 放送予定
公式サイト

今シリーズのテーマ

〝命の大切さ〟
〝生きることの素晴らしさ〟

情に厚い伝七親分が、胸に紫房の十手を引っさげて庶民を苦しめる悪と闘う!

 

【スポンサードリンク】

 

原案:陣出達朗「伝七捕物帳」

 

脚本:森脇京子、山本むつみ、森下直

音楽:沢田完

主題歌:七変化/一青窈
※9/13発売

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

〔予約〕七変化/一青窈【1000円以上送料無料】
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)

 

あらすじ 第7話

「引き裂かれた絆、夫婦(めおと)湯のみの契り」

廻船問屋の大物、千歳屋が殺された。犯人は居合わせた大工見習いの太一(西井幸人)と思われたが、かたくなに否定。

伝七(中村梅雀)の調べで、太一の母・お駒(床嶋佳子)がかつて千歳屋と関係があったことがわかる。

その頃、出奔したお咲(大塚千弘)の行方を捜していた伯父の相沢(柴俊夫)が正助(風見しんご)を見かけて長屋にやって来て、お咲を小田原に連れ帰ると言い渡す。

ところがその相沢は、かつてお駒と恋仲だった。

 

キャスト

黒門町の伝七(でんしち)…中村梅雀

お俊(しゅん)…田中美佐子

がってんの勘太…徳重聡

かんざしの文治…上遠野太洸

小夏…小芝風花

正助…風見しんご

お咲…大塚千弘

遠山左衛門尉…松平健

ほか

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ