明日の約束 あらすじ 第5話とキャストや相関図

明日の約束

2017年10月17日(火)スタート
毎週火曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】11月14日 第5話 放送予定
公式サイト

「親でもない、教師でもない
最後に味方になってあげられる大人」

主人公・藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。

いじめ、毒親、非行などの難題と人の心の闇に対峙しながらも、
生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリー。

 

Sponsored Links


 

脚本:古家和尚
『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、『幽かな彼女』、『任侠ヘルパー』他

主題歌:Reboot/東方神起
※発売日:2017年12月20日

 

あらすじ 第5話

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)の謎の死を、マスコミはイジメによる自殺だと報道し、バスケ部キャプテンの大翔(金子大地)は加害者として世間から誹謗(ひぼう)中傷されることに。

そんななか、圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)弁護士を伴い学校へやって来て抗議する。さらに大翔の喫煙を暴露し、教師たちは強いリーダーシップでチームを率いていた大翔の裏の顔に、思わず絶句する。

喫煙の件で大翔本人に話を聞いた日向(井上真央)は、圭吾が「たばこのことをバラされたくなかったら自分をベンチ入りさせてほしい」と大翔を脅していたことを知る。『僕は、先輩のせいで死にます』――圭吾から最後に送られてきたメッセージに苦しむ大翔を何とか救いたい日向は、そもそも脅迫自体が圭吾の意思ではなかったのではないかと疑念を抱く。そして、中学から同じバスケ部だった勝(渡邉剣)に話を聞くと、圭吾が中学のときにクラスで嫌われていた理由が明らかに。

その頃、日向の恋人・本庄(工藤阿須加)は、結婚したい意向を実家の両親に伝える。対する日向の脳裏には、母・尚子(手塚理美)の怒鳴る姿が浮かぶ…。

一方、真紀子は弁護士の力を借りて記者会見を開いて問題を世間に訴えることを決め、事態は収まるどころか、さらなる波紋を呼びそうで…。そして学校では、大翔の暴行疑惑を伝える動画を流出させた犯人探しが始まり、混乱が広がる。

 

キャスト

藍沢 日向(あいざわ ひなた)…井上真央

霧島 直樹(きりしま なおき)…及川光博

本庄 和彦(ほんじょう かずひこ)…工藤阿須加

北見 雄二郎(きたみ ゆうじろう)…白洲迅

大宮 奈緒(おおみや なお)…新川優愛

吉岡圭吾(よしおかけいご)…遠藤健慎

小嶋 修平(こじま しゅうへい)…青柳翔

藍沢 尚子(あいざわ なおこ)…手塚理美

吉岡 真紀子(よしおか まきこ)…仲間由紀恵

 

ほか

 

相関図(マウスポインターが上にくると画像が拡大します)


 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ