水戸黄門 あらすじ 第9話とキャストや相関図など

水戸黄門

2017年10月04日(水)スタート[全10話]
毎週水曜 夜7時00分~7時55分
【BS-TBS】11月29日 第9話 放送予定
公式サイト

いざ東北へ!!

黄門様 世直しの旅始まる

世直しの旅をしながら、好奇心旺盛で少々泥くさいぐらい人間味あふれる黄門さま。

今回の旅は、東日本大震災で多くの被害を受けた東北の太平洋沿岸部を中心に、青森・八戸を目指します。

鉄矢・黄門様は、震災で被害をこうむった伝統芸能や工芸品、そして郷土料理などを積極的に取り上げることで、微力ながらも復興のお手伝いになればと思い、「明日もがんばろう!」と、感じられるよう一生懸命演じるそうです。

乞うご期待!

 

Sponsored Links


 

脚本:尾西兼一

語り:生島ヒロシ

主題歌:「あゝ人生に涙あり」(作詞:山上路夫/作曲:木下忠司)
“あゝ人生に涙あり”スペシャル [ (オムニバス) ]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

“あゝ人生に涙あり”スペシャル [ (オムニバス) ]
価格:1610円(税込、送料無料) (2017/9/28時点)

 

第6話より新キャストが登場!

元AKB48の篠田麻里子さんが、御老公を狙うくノ一役で出演決定!!
「入浴シーン」にも挑みます。お楽しみに~。

 

あらすじ 第9話

「風来坊の片想い(浄法寺)」

第九話の舞台は岩手県の北端、二戸市。

浄法寺を通りかかった光圀(武田鉄矢)一行は、酔っぱらって喧嘩していた塗師・磯次(やべきょうすけ)の仲裁に入る。修業に出ていた磯次は、叔父の茂兵衛(螢雪次朗)が病に臥せっていると聞き三年ぶりに舞い戻ってきたのだという。

だが、茂兵衛を訪ねると弟分の長吉(久保山知洋)と、磯次の妹・お糸(小槙まこ)を一緒にさせ、2人に浄法寺塗の跡を継がせようとしていた。怒った磯次は、家を飛び出してしまう。

同じ頃、茂兵衛の浄法寺塗を扱う漆器問屋「若松屋」の女将・お嶋(木内晶子)が、勘定所元締・井沢主膳(原口剛)に呼び出されていた。献上品の納期を早めろというのだ。だが、これは商売敵・三沢屋金兵衛(杜澤たいぶん)が井沢と結託し、私欲を肥やそうと画策したことだった。

一方、呑んだくれていた磯次は、金兵衛の手下に襲われている長吉に遭遇。深手を負った長吉は、献上品を作ることが出来なくなってしまう。しかし、光圀らの説得に立ちあがった磯次が作業を引き継ぐ決意を固めるのだが・・・。

 

ゲスト

磯次 役…やべきょうすけ
浄法寺塗師。塗師としての腕はいいが酒癖が悪い。お嶋に想いを寄せている。

茂兵衛…役螢雪次朗
磯次の親方。3年前に勝手に出ていった磯次を許しておらず、冷たくあしらう。

お嶋 役…木内晶子
漆器問屋「若松屋」の女将。藩への献上品を取り扱っている。一度は嫁いだが出戻って店を継ぐ。

お糸 役…小槙まこ
磯次の妹。3年前に出て行った磯次をずっと気にかけていた。長吉と結婚の約束をしている。

長吉 役…久保山知洋
磯次の弟弟子。磯次のいない間に献上品を手掛けるまで腕を磨いた。戻った磯次に遠慮している。

井沢主膳 役…原口剛
勘定所元締。金兵衛と裏でつながり賂で私腹を肥やしている。

三沢屋金兵衛 役…杜澤たいぶん
漆器問屋「三沢屋」主人。「若松屋」に嫌がらせを繰り返し店を潰そうとする。

 

キャスト

水戸光圀…武田鉄矢

佐々木助三郎…財木琢磨

渥美格之進…荒井敦史

風車の弥七…津田寛治

柳沢吉保…袴田吉彦

柘植九郎太…長谷川純

 

ほか

 

相関図(マウスポインターが上にくると画像が拡大します)


 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ