精霊の守り人~最終章~ あらすじ 第5話とキャストや相関図

精霊の守り人~最終章~

2017年11月25日(土)スタート[連続9回]
毎週土曜 午後9時00分から9時58分
【NHK総合】12月23日 第5話 放送予定
公式サイト

ファンタジー大作の最終章「精霊の守り人」

再び共に旅することになった女用心棒バルサと皇太子チャグム。

立派な皇太子に育ったチャグムと深い信頼関係で結ばれたバルサが、巨大な勢力を持つタルシュ帝国から新ヨゴ国を救うため、バルサの祖国・カンバル王国へ向かい、過去に起こった事件の真実をついに知ることになる。お見逃しなく!!

 

Sponsored Links


 

原作:上橋菜穂子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

精霊の守り人 【1】 (新潮文庫) [ 上橋菜穂子 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/10/19時点)

 

脚本:大森寿美男

 

あらすじ 第5話

「槍(やり)舞い」

バルサ(綾瀬はるか)の前でチャグム(板垣瑞生)は、カンバル王・ログサム(中村獅童)にタルシュ帝国の支配から民を守るためにロタ王国と同盟を結ぶことを進言する。

しかし、ログサムは、バルサがルイシャ贈りの儀式で山の王を見事に負かすことが出来れば、ロタ王と手を結ぶことを約束。

バルサはカンバル王国を守るためルイシャ贈りの儀式に向かう。そこで、バルサを待っていたものは…。

 

キャスト

バルサ – 綾瀬はるか

タンダ – 東出昌大

チャグム – 板垣瑞生

ジグロ – 吉川晃司

ラダール – 中川晃教

ナグル – 黄川田将也

ナグルの妃 – 村川絵梨

カグロ – 渡辺いっけい

トト – 米良美一

ラルーグ – 武田鉄矢

カルナ – 上地雄輔

ユーカ – 花總まり

ラウル – 高良健吾

ノシル – 林家正蔵

コチャ – とまん

聖導師 – 鹿賀丈史

カーム – 降谷建志

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ