海月姫(くらげひめ) あらすじ 第5話とキャストや相関図

海月姫(くらげひめ)

2018年01月15日(月)スタート
毎週月曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】2月12日 第5話 放送予定

芳根京子・新境地“オタク女子”に挑む!

「女の子は誰だってお姫様になれる」

クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”が、
とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、
新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、
新感覚の “シンデレラ・コメディー”

 

Sponsored Links


 

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海月姫 (1-17巻 全巻)/送料無料/ 【中古】 全巻セット
価格:6800円(税込、送料無料) (2017/12/5時点)

 

 

脚本:徳永友一

主題歌:Beverly『A New Day』
発売日:2018/2/28

 

 

あらすじ 第5話

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼〜ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。

作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼〜ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。

こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。

 

キャスト

倉下月海(くらした つきみ) … 芳根京子
イラストレーターを目指して鹿児島から上京してきた20歳の女性。
専門学校に通わず、オタク女子が集まる天水館で生活する。

鯉淵 蔵之介(こいぶち・くらのすけ) … 瀬戸康史
ファッション好きが高じて女装が趣味の美少年。

鯉淵 修(こいぶち・しゅう) … 工藤阿須加
蔵之介の異母弟で父親の政治秘書を務める。
メガネ姿でイケメンだが堅い人間で童貞。

ジジ様 … 木南晴夏
尼〜ずの一人で枯れた中高年男性を好む「枯れ専」。

ばんばさん … 松井玲奈
尼〜ずの一人で鉄道マニア。

まやや … 内田理央
尼〜ずの一人で三国志おたく。

千絵子(ちえこ) … 富山えり子
オタク女子「尼〜ず」の一人でアパート天水館の管理人の娘。

稲荷 翔子(いなり しょうこ) … 泉里香
月海たちが暮らす天水地区の再開発を担当する会社に所属するバリキャリ女子。

佐々木公平(ささき こうへい) … 安井順平
バリキャリ女子の稲荷翔子の部下。

花森 よしお(はなもり よしお) … 要潤
鯉淵家専属の運転手で高級車と美しい女性をひたすらに愛する。

鯉淵容子 … 床嶋佳子
鯉渕慶一郎の妻で、修の母親です。

鯉淵 慶一郎(こいぶち けいいちろう) … 北大路欣也
蔵之介と修の父で大物国会議員。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ