トドメの接吻(キス) あらすじ 第7話とキャストや相関図

トドメの接吻(キス)

2018年01月07日(日)スタート
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】2月18日 第7話 放送予定

“邪道ラブストーリー”

顔はいいが女をもてあそぶナンバーワンホスト・堂島

“キスで殺す女”

突如現れた“青白い顔”に“真っ赤な唇”

 

俳優の山崎賢人さんが連ドラ初主演を務めます。
ドラマ『陸王』とは全く違うイメージ。
はたしてどんな“クズ男”を演じてくれるか楽しみですね!

 

Sponsored Links


 

脚本:いずみ吉紘

主題歌:菅田将暉『さよならエレジー』
※2018年2月21日(水)発売

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

菅田将暉/さよならエレジー(初回仕様)(CD)
価格:1000円(税込、送料別) (2018/2/9時点)

 

 

あらすじ 第7話

自殺に見せかけた長谷部(佐野勇斗)の死に尊氏(新田真剣佑)が絡んでいると気付き、宰子(門脇麦)の制止を振り切ってタイムリープした旺太郎(山﨑賢人)は、なんと乗馬倶楽部で長谷部を襲おうとした覆面の男に殺されてしまう!時間を戻そうと必死にキスする宰子の努力もむなしく、すでに旺太郎は息絶えていて…!!

生き残った長谷部は、覆面の男に奪われたビデオテープの存在を警察に隠そうとする尊氏が事件の黒幕ではないかと不信感を募らせる。そして、旺太郎の突然の死に鬱ぎ込む美尊(新木優子)は、自分の気持ちを無視して急ピッチで結婚の話を進めようとする尊氏と母・京子(高橋ひとみ)に憤りを覚えていた。そんな中、美尊は長谷部が尊氏に事件の真相を詰め寄っている場面に遭遇し、思いがけず尊氏の凶暴な一面を目撃してショックを受ける。

一方、12年前の事故で旺太郎の弟の命を犠牲にして自分が生き残ってしまった意味を考え続ける宰子は、旺太郎のため、ある危険な計画を実行に移すことに…。
宰子の秘策によって一度落とした命を救われた旺太郎は、自分を襲った覆面男の正体が布袋(宮沢氷魚)だったことを突き止め、尊氏を追い詰めるために布袋を脅して味方につけようと画策するが、そこにはある誤算があり…。そして並樹家の人間関係を嗅ぎまわる旺太郎の部屋のまわりには怪しい人影が…。実はそれは10年間失踪していた旺太郎の父・旺(光石研)なのだが…。

宰子のアシストで旺太郎と美尊の仲が深まる中、宰子のタイムリープの秘密を知っている様子の謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)は尊氏の前に現れ、旺太郎の協力者である宰子の正体を不気味にほのめかす…。さらに、影で自分を助けていた宰子の健気すぎる決意を知った旺太郎には意外な展開が待っていた…!

 

キャスト

堂島 旺太郎(どうじま おうたろう)/山崎賢人

キスで殺す女・宰子/門脇麦

並樹 尊氏(なみき たかうじ)/新田真剣佑

並樹 美尊(なみき みこと)/新木優子

長谷部 寛之(はせべ ひろゆき)/佐野勇斗

小山内 和馬(おさない かずま)/志尊 淳

春海 一徳(はるみ いっとく)/菅田将暉

布袋 道成/宮沢氷魚

青田 真凛/唐田えりか

小柳 奈々子/山本亜依

堂島 旺/光石研

堂島 光代/奥貫薫

並樹 尊/山田明郷

並樹 京子/高橋ひとみ

新井 郡次/小市慢太郎

辻/弓削智久

根津 功一/岡田義徳

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ