正義のセ あらすじ 第5話とキャストや相関図

正義のセ

2017年04月11日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】5月9日 第5話 放送予定

仕事に恋に悪戦苦闘!

仕事だけじゃなく恋にも悩む主人公・竹村凜々子
喜び、笑い、泣き、怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。

「正義のセ」は、見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマです!

 

Sponsored Links


 

原作:阿川佐和子「正義のセ」

 

脚本:松田裕子

主題歌:福山雅治「失敗学」(アミューズ/ユニバーサルJ)

 

あらすじ 第5話

凜々子(吉高由里子)の妹・温子(広瀬アリス)が、恋人の後藤公一(渡部秀)を竹村家に連れてきた。温子は、後藤と結婚して竹村豆腐店を継ぐ気だという。だが、父・浩市(生瀬勝久)は突然のことに驚いて猛反対し、竹村家は大混乱!さらに、凜々子は、4年つき合った恋人と別れたことを家族に告白するハメになってしまう…。

神奈川医大で女性職員の転落死事件が発生する。単なる転落ではなく、事件性が考えられることから、凜々子は相原(安田顕)とともに事件現場へ向かう。大きな仕事にまたしても気合いを入れる凜々子だったが…。

被害者は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務める三宅香織(佐藤めぐみ)。二人が不倫関係にあったことが発覚し、さらに香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕される。しかし高嶋は容疑を否認。香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張し、茂木も同じ証言をする。

凜々子の捜査が難航する中、事件に関する新事実が発覚。凜々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられる。だが、強引に捜査の方針を決めていく大塚のペースに振り回され、捜査チームは前途多難な雰囲気に…。

果たして凜々子は、高嶋のアリバイを崩し、複雑に絡み合う事件を解決に導くことができるのか!?

 

ゲスト

高嶋敦史…原田龍二
(被疑者)

茂木康彦…木下隆行
(参考人)

三宅香織…佐藤めぐみ
(被害者)

 

キャスト

竹村凜々子…吉高由里子
新人検事。

相原勉…安田顕
凜々子の検察事務官。

大塚仁志…三浦翔平
凛々子の先輩検事。

竹村温子…広瀬アリス
凜々子の妹。

木村秀樹…平埜生成
大塚の検察事務官。

榎戸修…夙川アトム
検察事務官。

中牟田優希…大野拓朗
凜々子の彼氏。

徳永太一…塚地武雅
検事。

竹村芳子…宮崎美子
凜々子の母。

梅宮譲…寺脇康文
検事で支部長。凛々子の上司。

竹村浩市…生瀬勝久
凜々子の父。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ