女囚セブン あらすじ 第6話

女囚セブン

2017年04月21日(金)スタート
毎週金曜 夜11時15分~0時15分
【テレビ朝日系】5月26日 第6話 放送予定
公式サイト

殺人罪、懲役5年。

殺人罪で女子刑務所に放り込まれた
謎多き京都の芸妓・琴音

たったひとりで女囚たちに戦いを挑む!

剛力彩芽が女囚役に初挑戦する異色の刑務所群像劇、開幕!

 

ストーリー

京都の芸妓・神渡琴音(剛力彩芽)は、酒に酔って寝ている間に仲間の芸妓が殺された事件の罪をかぶり、女子刑務所で服役することに。彼女が収監された刑務所では、“頂点”をめぐり、女囚たちが壮絶なバトルを繰り広げていた。

早速、琴音も嫌がらせの標的になるが、語学や腕力に長けた琴音は、それらのいじめをクールにくぐり抜けていく。しかし、海千山千の犯罪者たちが集う刑務所では、次々と強敵が出現。琴音はそんな彼女たちと戦う、壮絶な“プリズン・サバイバル”に身を投じていく。

 

【スポンサードリンク】

 

脚本:西荻弓絵

主題歌:新しい学校のリーダーズ「毒花」
6月7日に1stシングル「毒花(どくばな)」でビクターエンタテインメントからメジャーデビュー

 

あらすじ 第6話

ついに自分を冤罪に陥れ、黒革の手帳の在り処を血眼になって探っている人物の正体は内藤法務大臣(高嶋政伸)だと突き止めた琴音(剛力彩芽)。最後の刺客として自分に近づいてきた囚人ボス・うめ(木野花)を秘密裏に仲間に引き入れ、いよいよ反撃に出るための準備を開始する。

そんな中、謎だらけの政治秘書・司(山口紗弥加)の仮出所が近づいてくる。女性議員・高見沢楓(中谷さとみ)との面会で、内藤法務大臣の総裁選出馬と高見沢の法務大臣就任の可能性を知る司。「早くここを出て、またわたしを支えてちょうだい」という高見沢の言葉に胸を熱くした司は、一日でも早く仮出所できるよう、“パロール審査”と呼ばれる仮出所前の指導期間に精を出すのだった。

これまでとは打って変わって、周囲にも優しく接する司に戸惑う女囚たち。桜子(平岩紙)や沙羅(トリンドル玲奈)がどんなに小馬鹿にしても、崇め奉る勢いで高見沢に心酔している司を見て、琴音はある疑念を抱く。実は司と高見沢の間には、ある秘め事と、ふたりだけの黒い約束が…。しかし高見沢には司も知らないもうひとつの顔があり…?

ある日奈津(安達祐実)から、出所を前にした司の誕生日を祝おうと提案がある。うめ特製のどぶろくとケーキを用意し、お祝いを始めようとしたところ、司から思いもかけない言葉が! それをきっかけに、絆が生まれつつあった女囚たちの間に決定的な亀裂が入ってしまう…!

なぜ司がそこまで高見沢に心酔するのか――その理由を察した琴音は、司に近づき…?

一方、一条(梶芽衣子)は置屋に大金を届けてきた人物が誰なのかを独自に探り、内藤法務大臣のもとに訪れ…? そして刑務所の中の琴音も、ある計画を実行に移そうとしていた…。

愛欲に溺れてしまった政治秘書は、みずからの汚れた理想から目覚めることはできるのか?

 

キャスト

神渡琴音(かみわたり・ことね)…剛力彩芽

楠瀬 司(くすせ・つかさ)…山口紗弥加

市川沙羅(いちかわ・さら)…トリンドル玲奈

津田桜子(つだ・さくらこ)…平岩紙

矢島千鶴香(やじま・ちづか)…橋本マナミ

平塚うめ(ひらつか・うめ)…木野花

坂本奈津(さかもと・なつ)…安達祐実

一条 涼(いちじょう・りょう)…梶芽衣子

内藤裕次郎(ないとう・ゆうじろう)…高嶋政伸

立原桐子(たちはら・きりこ)…内藤理沙

小春(こはる)…久住小春

本郷和也(ほんごう・かずや)…寿大聡

菊池徹子(きくち・てつこ)…大幡しえり

恩田健郎(おんだ・たけろう)…池内万作

百目鬼幸子(どうめき・さちこ)…宍戸美和公

一本松 昇(いっぽんまつ・のぼる)…永野宗典

大平 仁(おおひら・じん)…田村健太郎

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ