韓国ドラマ 『ヘチ 王座への道』 ネタバレ あらすじ第5話とキャストや相関図

ヘチ 王座への道

韓国ドラマ ネタバレ あらすじ 第5話とキャスト
2019年11月10日(日)スタート[全24回]
毎週日曜 夜9時00分~10時00分
【BSプレミアム】12月8日 第5話 放送予定
公式サイト

友よ 新たな世を創ろう!

民のための政治を行った名君とされる朝鮮王朝第21代王、英祖(ヨンジョ)、名はイ・グム。その若き日を描く。王になるはずではなかった王子イ・グムが、正義を追い求める3人の仲間に支えられ、不正のない平等な世を目指す、不屈の道のりを描いた友情と信念のストーリー。


「ヘチ」とは

“善と悪を裁く”とされる伝説上の生き物。政治や時勢に流されることなく、法と正義を守る司憲府(サホンブ:役人の違法行為を監督する官庁)の役人は通称「ヘチ」と呼ばれる。

 

Sponsored Links

 

 

脚本

キム・イヨン
『イ・サン』や『トンイ』という傑作を書き上げた作家。

 

挿入歌

「ヘチ 王座への道」

 

あらすじ 第5話

延ニン君(ヨニングン)ことイ・グムは、父王と弟を亡くし悲しみに暮れる。

力がないために、共に正義を求めた司憲府(サホンブ)のハン・ジョンソクも失い、このままでは仲間のパク・ムンスやヨジたちにも危険が及ぶことを思い知らされる。

 

1年後。イ・グムの母違いの兄が即位し、王、景宗(キョンジョン)となっていたが、気が弱くて決断力もないと重臣たちから侮られていた。

そんななか、囚人が集団で脱獄する事件が起きる。

 

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト

チョン・イル
イ・グム/延?君(ヨニングン) 役
国王、粛宗(スクチョン)の次男。頭脳明せきで武芸にも長け、冷静な判断力を持つ。兄イ・ユン、弟イ・フォンとは母違いの兄弟。側室だった亡母は、宮廷で水くみをしていた低い身分出身の女性だった。そのため朝廷の重臣たちから軽視され、自らも王位継承や政治に関わらぬように遊び人として生きてきた。

 

コ・アラ
ヨジ 役
司憲府(サホンブ)の一員。ハン・ジョンソクの部下。武芸や語学に長けた、美しくたくましい女性。恋愛にはうとい。役所に仕える使用人の身分だが、女性でなければできない任務をはじめ、補佐官らと同様に捜査を担う。司憲府のハン・ジョンソクは家族のような存在。

 

チェ・スイム
ソ氏 役
イ・グムの正室。権力欲が無く、自分勝手に生きているようにみえる夫イ・グムに不満を感じている。

 

パク・ジヨン
チョホン 役
イ・グムの側室。元は貧しい地方の酒売り。本当はイ・グムと深い仲ではないが、イ・グムが面倒を見るために、表向きは側室として迎えた。イ・グムを支え手助けをする。

 

チョン・ムンソン
イ・タン/密豊君 役
傍系の王族の王子。感情的な冷血漢。王族として守られているのをいいことに、陰で楽しむように殺人を繰り返している。曾祖父は、第16代王、仁祖〔インジョ〕の長男で王座を継ぐことなく亡くなった昭顕世子(ソヒョンセジャ)。本来ならば自分が直系の王位継承者になっていたはずだという被害者意識が強く、王座への異常なまでの執着心をみせる。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)


出典:https://www9.nhk.or.jp/kaigai/hechi/chara/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ