ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~ ネタバレあらすじ第3話とキャストやゲスト

ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~

ネタバレあらすじ第3話とキャスト
2020年01月24日(金)スタート[連続7回]
毎週金曜 夜10時00分~10時50分
【NHK総合】2月7日 第3話 放送予定
公式サイト

シシド・カフカ ドラマ初主演!


出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/

ハードボイルドな女探偵を演じる

「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。」 この言葉をまさに実践していく主人公の活躍を、大胆に、スタイリッシュに描く、新時代の「探偵物語」。乞うご期待!!

 

 

Sponsored Links

 

原作

若竹七海
女探偵・葉村晶シリーズ「不穏な眠り」(文春文庫)
  

 

女探偵・葉村晶シリーズ「錆びた滑車」(文春文庫)
  

 

脚本

黒沢久子/木田紀生

黒沢 久子(くろさわ ひさこ)・福島県出身。
・テレビドラマ脚本家。
協同組合日本シナリオ作家協会理事及びENBUゼミナール映画監督コースシナリオ講座講師。

主な作品
私は猫ストーカー』2023年12月31日 23:59まで配信
キャタピラー』2020年1月31日 23:59まで配信
海燕ホテルブルー』2020年11月29日 23:59まで配信
きいろいゾウ』2020年9月30日 23:59まで配信
荒地の恋』2021年2月28日 23:59まで配信
花芯』2020年12月31日 23:59まで配信
お父さんと伊藤さん』2020年11月30日 23:59まで配信
私は絶対許さない(R15版)』2020年5月21日 23:59まで配信

 

木田紀生(きだのりお) ・1970年生まれ。
・大阪府出身。
・早稲田大学商学部卒業。
・シナリオ作家
TV番組制作会社勤務、フリーの助監督などを経て、94年脚本。

主な作品
バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』2020年11月30日 23:59まで配信
銀のエンゼル』2020年6月24日 23:59まで配信
ワルボロ』2020年11月30日 23:59まで配信
牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』2020年1月31日 23:59まで配信
牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』2020年5月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第3話

「わたしの調査に手加減はない」

枕元に自殺した友達の幽霊が!? その影にひそむ悲しい真相とは・・・

葉村晶(シシド・カフカ)のもとに、慧美(三倉佳奈)という女性が奇妙な依頼にやって来る。

7年前に自殺した親友・香織(藤井美菜)が枕元にたつので真相を暴いてほしい、とのこと。

 

最初は乗り気ではなかった葉村だが、周りの勧めで渋々ながら調査を開始。

自殺直前のSNSの写真を手がかりに、大学時代同じゼミ仲間・環(松本まりか)らを調査していく。

実は依頼人・慧美は香織に嫉妬していたという証言が。

 

また香織が、不妊が原因で離婚してことも分かり、ますます混迷していく中、葉村はある仮説を導き出すのだが・・・。

 

「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


葉村晶(探偵)…シシド・カフカ
4人姉妹の末っ子。やっかいな姉から逃れ、転職、転居を繰り返すうち探偵業につくように。今はMURDER BEAR BOOKSHOPのアルバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた白熊探偵社の調査員として働いている。白黒はっきりとさせたい性格から、依頼の解決に向けて手加減なく突き進むため、トラブルに巻き込まれることもしばしば。アドレスホッパーで、持ち物は最小限のミニマリスト。服装は職業柄かモノトーンを好む。趣味は読書、特にミステリーを好む。タフで一匹狼タイプだが、書店で出会う人々に振り回されつつも打ち解けていき、秘めた優しさを見せるようになる。

 


岡田正太郎(警視庁 警視 管理官)…間宮祥太朗
(ドラマオリジナルキャラクター)
警視庁の超エリート。速見と柴田の直属の上司ではなく、二人からすれば「雲の上の人」。葉村に最も拮抗する知性の持ち主。真相に迫る葉村の対話相手として、一緒に推理することもある。警察には珍しく葉村への言葉遣いも敬語。だが隙の無い冷徹さも垣間見え、敵に回すと最も怖い男。

 


村木義弘(葉村の元同僚にして、探偵の先輩 元は警官)…池田成志
葉村とは長い付き合い。かつて同じ職場の上司だったこともあり、仕事の依頼が無くて困っている葉村の状況を見かねて(?) 「ラクな仕事」を持ってきたと恩に着せるが、本当にラクだった試しはない。もともと警察官だったが、事件が起こってからでしか捜査できない組織に嫌気がさし、離職して探偵となった。

 


速見治松(影山東署の刑事)…津田寛治
先輩として柴田刑事とコンビを組むが、出世欲に欠け、無難な人生を望む男。手柄を立てたいと気をはやらせる柴田の失敗に巻き込まれたくないと思っている。

 


柴田要(影山東署の刑事)…板橋駿谷
調査に当たって警察だけが持つ情報を知りたいと思った葉村にとって、時には貴重な情報源となる男。「葉村ぁ」とエラそうに呼び捨てで呼称する。

 


野々村(ミステリー好きの常連客 商店主)…松尾貴史
古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連。富山と同じ町内会に所属している。脱サラで始めたリサイクル店のオーナー兼店長。リサイクルに向かない古着などをお洒落に着こなす趣味人でもある。

 


柿崎(ミステリー好きの常連客 サラリーマン)…中村靖日
古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連。近所の信用金庫に勤めるサラリーマン。昔は出世を夢見ていたが、早々に翻意。好きなミステリーに人生を捧げるようになる。野々村とはミステリーの知識を競うことも。

 


アケミ(ミステリー好きの常連客 キャバ嬢)…大後寿々花
キャバクラ勤務。「私、ミステリーで人生、勉強してっから」が口癖。さっぱりした葉村に好感を持ち「はむらちゃん」と親しげに呼ぶ。明るい表情のうらに、かつては家出少女だったことがあり、いろいろと苦労している一面も・・・。

 


浅川(ミステリー書店MURDER BEAR BOOKSHOPアルバイトの大学生)…浦上晟周
ミステリーマニアで探偵業にも興味津々。すぐ事件に首を突っ込みたがる。リサーチなど頼まれると張り切って結果を出そうとする。PCを扱うのが得意。

 


富山泰之(ミステリー専門古書店MURDER BEAR BOOKSHOP店長)…中村梅雀
もともとは大手出版社で、ミステリー雑誌編集長を勤めあげたが、今は悠々自適。浮世離れした趣味丸出しの古書店店主として、フェアやイベントなどの販促企画考案に日夜精を出す。めんどうくさい雑事や体力を消耗する仕事はバイトに丸投げ。葉村から家賃を取らずに店の二階を住居として提供している分「こき使う権利」が当然ある、と言わんばかり。

 

ほか

 

ゲスト

 

第3話


環(依頼人の大学時代のゼミ仲間)
…松本まりか


慧美(依頼人)
…三倉佳奈


香織(依頼人の大学時代のゼミ仲間)
…藤井美菜


華子(依頼人の大学時代のゼミ仲間)
…フォンチー


ミワ(喫茶店の店主)
…徳井優

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ