相棒 Season19 ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図

相棒 Season19

ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図
2020年10月14日(水)スタート
毎週水曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】11月11日 第5話 放送予定
公式サイト

石丸幹二 初出演

特命係の前に立ちはだかるIT長者・加西周明…
石丸幹二演じる謎多き男がVR=仮想現実の世界で右京と亘を翻弄する!

今シーズンから森口瑤子演じる小出茉梨が新レギュラーとして登場。家庭料理店「こてまり」のおかみでありながら、かつて赤坂の芸者・小手鞠として各界著名人からひいきにされていた“華麗な人脈”を持つ茉梨が、今後どのように特命係の2人と関わり、どんな影響を及ぼしていくのか目が離せない。

 

Sponsored Links

 

脚本

輿水泰弘 ほか

輿水泰弘(こしみず やすひろ)・1960年2月1日生まれ。
・埼玉県出身。
・大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業。
・脚本家。
映画:旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ(2009年)

相棒 season16』2021年3月31日 23:59まで配信
相棒 season17』2021年3月31日 23:59まで配信
相棒 season18』2021年3月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

音楽
池 頼広(いけ よしひろ)・1963年8月25日生まれ。
・神奈川県出身。
・作曲家。
『探偵はBARにいる』で第35回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

 

あらすじ 第5話

「天上の棲家」

収賄疑惑の国会議員を脅かす告発者の影
鍵は右京と因縁を持つ政治家一族の“女帝”!?

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、収賄疑惑が持たれた衆議院議員の白川達也(湯江タケユキ)が、自宅にゴミをまかれた“嫌がらせ”の捜査を押しつけられる。

白川家は、大臣を輩出した政治家一族で、長年実権を握っているのは、達也の義理の母・貴代(冨士眞奈美)だった。

貴代には、24年前、夫が収賄疑惑のさなかに自ら命を絶った過去があり、当時二課だった右京が、捜査を担当していたという因縁が。

 

そんな中、達也の息子が誘拐されかける事件が発生。

“告発者X”を名乗る人物から、達也宛に『会見を開き、罪を告白しなければ、家族を殺す』という脅迫文がもたらされた。

Xとは、収賄疑惑を報じた日刊誌の情報源で、取材したのは、特命係と繋がりのある元検事の黒崎(内田裕也)だった。

黒崎いわく、達也は白川家の婿という窮屈な立場を飛び出し、対立派閥に入るため、金が必要だったのではないかという。

 

その後、Xの要求通り、会見を開いた達也だったが、衆人環視の中で予想外の発言を始める。

 

収賄疑惑で追い詰められた国会議員がまさかの反撃

背景には二課時代に右京が捜査した事件の呪縛が!?

24年の時を経て驚きの真実が解き明かされる!

 

【ゲスト】
冨士眞奈美 湯江タケユキ 内田裕也

【脚本・監督】
脚本:斉藤陽子
監督:権野元

 

「相棒 Season19」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト

杉下右京………水谷豊
UKYO SUGISHITA
警視庁特命係・警部

名推理で事件の謎を解き明かす特命係の係長。キャリアとして警察庁に入庁後、警視庁に出向となり、経済事件などを扱う捜査二課で辣腕を振るう。しかし、切れモノ過ぎるゆえに上層部からにらまれ、特命係という閑職に追いやられてしまう。以降、配属された部下が次々に辞めていくため、“特命係は人材の墓場”などと揶揄されていた。それでも好奇心から度々事件に首を突っ込み、事件解決に挑む。

 

冠城亘………反町隆史
WATARU KABURAGI
警視庁特命係・巡査

元々は警視庁に出向してきた法務省のキャリア官僚だったが、捜査にのめり込み過ぎた結果、法務省を事実上クビになり、異例の措置を経て希望した警視庁の一員となる。一度は広報課に配属されるが、日下部から美彌子の周辺を探るよう指示されたことから、彼女と距離を置こうと考え、美彌子に異動願いを打診。かねてから希望していた特命係への異動が実現した。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ相棒 Season19に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ