日曜劇場 危険なビーナス ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図 主演・妻夫木聡

危険なビーナス

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図 主演・妻夫木聡
2020年10月11日(日)スタート
毎週日曜 夜9時00分~9時54分
【TBS系】11月15日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・妻夫木聡 ヒロイン・吉高由里子

弟の失踪は、「矢神家」の誰かの仕業なのか?
そして、謎の美女は本当に「弟の妻」なのか…!?
壮大な謎と人間の欲望が絡み合う“危険な”ラブサスペンス!!

 

Sponsored Links

 

原作

東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)
  

 

脚本
黒岩 勉(くろいわ つとむ)・1973年7月19日生まれ。
・埼玉県出身。
・青山学院大学経営学部卒業。
・構成作家、脚本家および小説家。
2009年『世にも奇妙な物語』で脚本家デビュー。

主な作品
テレビドラマ
僕のヤバイ妻』2020年10月21日 23:59まで配信
探偵物語』2021年4月11日 23:59まで配信
盤上の向日葵』2021年8月31日 23:59まで配信
映画
悪と仮面のルール』2021年9月30日 23:59まで配信
キングダム』2020年11月5日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

back number「エメラルド」(ユニバーサル シグマ)

あらすじ 第6話

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。

楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が母の死の真相を暴こうとしていたことを聞き、兄である自分になぜ相談してくれなかったのかとやりきれない。

 

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか?と考察する伯朗と楓。

気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」という牧雄(池内万作)の言葉だ。

しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

 

伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。

叔母の順子(坂井真紀)と憲三(小日向文世)夫婦と共に遺品を見ながら、禎子が亡くなった16年前の話になる。

順子がふと、遺品の中に実家のアルバムがないことに気づく。

禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか?

そして、今は更地となった小泉の実家の土地がどうなっているのか、確かめに行った方がいいと順子は伯朗に助言する。

 

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。

自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない。

その頃、楓は勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていて…。

 

「日曜劇場 危険なビーナス」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


手島伯朗(てしま はくろう)〈38〉……妻夫木聡
本作の主人公。池田動物病院で院長代理を務める独身の獣医。

 


矢神楓(やがみ かえで)〈30〉……吉高由里子
本作のヒロイン。異父弟である明人の妻と名乗る謎の美女。

 

矢神勇磨(やがみ ゆうま)〈40〉……ディーン・フジオカ
矢神家の養子で都内に複数のダイニングレストランを経営している若手実業家。

矢神明人(やがみ あきと)〈29〉……染谷将太
伯朗の母と再婚相手の間にできた異父弟。

蔭山元美(かげやま もとみ)〈31〉……中村アン
池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。

矢神佐代(やがみ さよ)〈61〉……麻生祐未
康之介の養女。

支倉隆司(はせくら たかし)〈59〉……田口浩正
祥子の夫で介護施設グループを営む。

矢神牧雄(やがみ まきお)〈56〉……池内万作
矢神家前当主と後妻の間に産まれた息子。

矢神康治(やがみ やすはる)〈68〉……栗原英雄
矢神家現当主。

矢神禎子(やがみ ていこ)……斉藤由貴
伯朗と明人の母。16年前に事故死。

矢神波恵(やがみ なみえ)〈66〉……戸田恵子
現当主の実妹。

兼岩憲三(かねいわ けんぞう)〈65〉……小日向文世
伯朗の叔父。数学者。

 

ほか

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜劇場危険なビーナスに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ