日曜劇場「アトムの童(こ)」 ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図など 主演・山﨑賢人

アトムの

ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図 主演・山﨑賢人
2022年10月16日(日)スタート[全9話](予定)
毎週日曜 夜9時00分~9時54分
【TBS系】12月4日 第8話 放送予定
公式サイト

主演・山﨑賢人

若き天才ゲーム開発者が
巨大資本に挑む!

 

若き天才ゲーム開発者と老舗玩具メーカーの経営者たちが、夢とプライドをかけてゲーム業界に挑む。日曜劇場『アトムの童(こ)』にぜひご期待ください!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本

神森万里江(プロフィール不明)
主な作品
記憶
90日以内に配信終了の予定はありません

この恋あたためますか
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ナレーション
神田 伯山(かんだ はくざん)

・1983年6月4日生まれ。
・東京都豊島区池袋出身。
・武蔵大学経済学部経営学科卒業。
・講談師。
・2020年2月:真打昇進、六代目神田伯山を襲名。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第8話

「宮沢ファミリーオフィス」による「SAGAS」の買収問題が浮上する中、「アトムの童」の技術を取り返すためにも、宿敵・興津(オダギリジョー)のもとでゲーム開発をすることを決めた那由他(山﨑賢人)。

 

隼人(松下洸平)は一人シアトルへ向かうことを決め、二人の溝は深まり、決別することとなった。

 

「SAGAS」の経営存続を賭けた株主総会までに、新作ゲームの開発に取り組む那由他だが、期日が迫る中、アイデアが浮かばず行きづまってしまう。

 

不利な状況を察した興津は、最後の頼みの綱である、ある男(山﨑努)の元へ向かうが…。

そんな中、運命の株主総会が開幕する。

 

日曜劇場「アトムの童(こ)」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

安積那由他(あづみ なゆた)
……山﨑賢人

インディーゲーム開発者。
「ゲーム業界のバンクシー」と称される、素性不明の若き天才ゲーム開発者。
かつては「ジョン・ドゥ」名義でインディーで活動していた。

 

菅生隼人(すごう はやと)
……松下洸平

那由他の過去を知る男。

 

富永海(とみなが うみ)
……岸井ゆきの

老舗玩具メーカー「アトム玩具」の一人娘。
勤務していた「やよい銀行」を退職、経営危機の家業「アトム玩具」を受け継ぎ、ノウハウを持たないゲーム業界に進出して一発逆転を狙うため、那由他の行方を捜す。

 

興津晃彦(おきづ あきひこ)
……オダギリジョー

インターネット検索サービス「SAGAS」社長。
大学時代に起業し、日本最大のIT企業へと成長させた剛腕実業家。
近年オンラインゲーム事業に注力し、「ゲーム業界の黒船」と恐れられる。

 

ほか

出典:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜劇場「アトムの童(こ)」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ