NHK連続テレビ小説 半分、青い。 あらすじ 9週(5月28日~6月2日)

半分、青い。 9週「会いたい!」

NHK朝ドラ〈半分、青い。〉
公式サイト

失敗って、楽しい。

今日とは違う明日が、きっと見つかるからーーー

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の
架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町が舞台で始まります。

失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終りから現代までを
七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、
およそ半世紀の物語です。

高度成長期の一大発明とは?
家電業界に旋風を巻き起こしたものとは・・・
現代のビジネスにも生かせるヒントがあるかもね。楽しみです。

肌に触る

はだひふれる

 

Sponsored Links


 

:北川悦吏子
原作なしのオリジナルストーリー。
北川悦吏子さんは岐阜県の出身です。

語り:風吹ジュン

音楽:菅野祐悟

主題歌:星野 源「アイデア」

 

ロケ地情報

故郷篇の町の舞台は岐阜県恵那市岩村町の城下町

画像引用元;https://ameblo.jp/chiex333/entry-12322169698.html

 

あらすじ 9週(5月28日~6月2日)

5月28日(月)第49回
秋風(豊川悦司)に叱られてばりで、自分のふがいなさに落ち込む鈴愛(永野芽郁)。その姿を見た律(佐藤健)の友人・正人(中村倫也)は、手製のチョコレートパフェに花火を添えて励まそうとする。正人の優しさにときめいた鈴愛は、「花火、一緒にやりませんか」と誘う。

5月29日(火)第50回
鈴愛は律に、「私、恋をした」と宣言する。そんな中、行われた秋風塾のテーマは「鈴愛の恋について」。誰が秋風にそのことをバラしたのかと憤る鈴愛だったが、秋風は彼女の恋について、ある見解を語る。

5月30日(水)第51回
正人のことを考えるあまり、仕事に身が入らない鈴愛。秋風は鈴愛に、漫画を描くためにも「恋をしろ」と助言する。一方、律は、大学の弓道の授業で、初恋の相手・清(古畑星夏)と再会を果たす。

5月31日(木)第52回
正人からの連絡を待つ鈴愛のもとに、母・晴(松雪泰子)から電話がかかってくる。晴は今度、鈴愛の職場を見るために東京に来るという。その後、鈴愛はもう一度花火に誘おうと、勇気を出して正人に電話をかける。

6月1日(金)第53回
オフィスティンカーベルを初めて訪れた晴は、その豪華さに驚きを隠せない。一方、岐阜では、草太(上村海成)が祖父の仙吉(中村雅俊)に青春時代の思い出の歌について話を聞くと、思わぬ答えが返ってくる。

6月2日(土)第54回
久々に晴の隣で寝ることになった鈴愛。そこで鈴愛は晴に、今好きな人がいることを話す。晴が「鈴愛は、律くんかと思った」と言うと、鈴愛は・・・・・。

 

キャスト

岐阜・ふくろう商店街の人々

楡野家
楡野 鈴愛(にれの すずめ)…永野芽郁(幼少期:矢崎由紗)
主人公。

楡野 晴(にれの はる)…松雪泰子
鈴愛の母。

楡野 宇太郎(にれの うたろう)…滝藤賢一
鈴愛の父。

楡野 仙吉(にれの せんきち)…中村雅俊
鈴愛の祖父。

楡野 廉子(にれの れんこ)…風吹ジュン
鈴愛の祖母。

楡野 草太(にれの そうた)…上村海成(幼少期:志水透哉)
鈴愛の弟。

萩尾家
萩尾 律(はぎお りつ)…佐藤健(幼少期:高村佳偉人)
鈴愛の幼なじみ。

萩尾 和子(はぎお わこ)…原田知世
律の母。

萩尾 弥一(はぎお やいち)…谷原章介
律の父。

西園寺家
西園寺 龍之介(さいおんじ りゅうのすけ)…矢本悠馬(幼少期:大竹悠義)
鈴愛の同級生。

西園寺 満(さいおんじ みつる)…六角精児
龍之介の父。

西園寺 富子(さいおんじ とみこ)…広岡由里子
龍之介の母。

木田原家
木田原 菜生(きだはら なお)…奈緒(幼少期:西澤愛菜)
鈴愛の幼なじみ。

木田原 五郎(きだはら ごろう)…高木渉
菜生の父。

木田原 幸子(きだはら さちこ)…池谷のぶえ
菜生の母。

岡田医院
岡田 貴美香(おかだ きみか)…余貴美子
女医。

東京の人々

オフィス・ティンカーベル
秋風 羽織(あきかぜ はおり)…豊川悦司
売れっ子少女漫画家。

菱本 若菜(ひしもと わかな)…井川遥
秋風の秘書

小宮 裕子(こみや ゆうこ)…清野菜名
秋風のアシスタント。

藤堂 誠(とうどう まこと)…志尊淳
ゲイの美青年で秋風のアシスタント。

恋(?)のライバルたち

朝井 正人(あさい まさと)…中村倫也
律の大学の同級生。

伊藤 清(いとう さや)…古畑星夏
高校時代に律が出会う少女。

ほか

 

相関図(マウスが上にくると画像が拡大します)

第6週~

第1週~

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ