恋する母たち ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図

恋する母たち

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図
2020年10月23日(金)スタート
毎週金曜 夜10時00分~10時54分
【TBS系】11月27日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・木村佳乃 

共演・吉田羊、仲里依紗

なぜ、母になっても女は恋に落ちるのか…

一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みを抱えた3人の母親が、心の隙間を埋めてくれる魅力的な男性と出会うことで、再び女性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリー。

 

Sponsored Links

 

原作

柴門ふみ「恋する母たち」(小学館ビックコミックス)
  

 

脚本
大石 静(おおいし しずか)・1951年9月15日生まれ。
・東京都出身。
・日本女子大学文学部国文科卒業。
・脚本家、エッセイスト、作家、女優。
・ノート所属。

主な作品
テレビ
ゼロの真実~監察医・松本真央~』2021年5月6日 23:59まで配信
大河ドラマ 功名が辻(つじ)』2020年11月30日 23:59まで配信

映画
まぼろしの邪馬台国』2020年11月30日 23:59まで配信
セカンドバージン』2021年3月31日 23:59まで配信
しあわせの記憶』2021年9月30日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

松任谷由実「知らないどうし」(ユニバーサルミュージック)

 

あらすじ 第6話

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。

与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。

慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。

 

その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。

そこには慎吾も身を寄せていた。

しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。

 

千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。

挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。

 

そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。

申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。

 

同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。

落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。

一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。

 

そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

 

金曜ドラマ「恋する母たち」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト

石渡杏……木村佳乃
旅行代理店で働く夫と一人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪。息子をシングルマザーとして育て、この春、有名進学高校に入学させた。

 

林優子……吉田羊
バリバリのキャリアウーマン。売れない小説家で主夫の夫と、杏の息子と同じ名門高校に通う息子を養う。家庭は順風満帆に見えるが、実は息子が長らく引きこもり生活をしていることに悩んでいる。

 

蒲原まり……仲里依紗
杏と優子の息子と同じ名門校に通う長男のほか、2人の娘を持つ3児の母。夫は法律事務所の代表。キラキラしたセレブ暮らしをしているが、夫が不倫していることに気付きながらも、問い詰められずにいる。

 

斉木巧……小泉孝太郎
杏の夫と駆け落ちした女の夫。不倫された者同士、杏とひかれ合う。

 

赤坂剛……磯村勇斗
優子の部下。優秀なイマドキ男子。

 

今昔亭丸太郎……阿部サダヲ
100年に1人の天才落語家。チャリティーイベントで出会ったまりに一目ぼれし、強引に誘惑する。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:http://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、金曜ドラマ恋する母たちに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ