アライブ がん専門医のカルテ ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図

アライブ がん専門医のカルテ

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図
2020年01月09日(木)スタート
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】2月13日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・松下奈緒さんが腫瘍内科医に!
木村佳乃さんが消化器外科医として、バディに!

2人の女医が、自らの痛みと秘密を抱えながら人生を生き抜く、最新のメディカル・ヒューマンドラマが始動!!

 

Sponsored Links

 

脚本
倉光 泰子(くらみつ やすこ)・1983年生まれ。
・埼玉県出身。
・東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域卒業。
・脚本家。
(『刑事ゆがみ』『ラヴソング』)

 

主題歌

須田景凪「はるどなり」(unBORDE / Warner Music Japan)
※1月24日に配信リリース。

 

あらすじ 第6話

心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。

しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。

薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

 

数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。

退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。

心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。

しかし、心は薫を避けるようになっていた。

 

そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。

心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。

光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したという。

初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。

 

心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。

心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。

徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。

律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。

 

一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。

 

「アライブ がん専門医のカルテ」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


恩田 心…松下奈緒
横浜みなと総合病院に勤務する、がん診療のスペシャリストである腫瘍内科医。画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。夫・匠との間に、一人息子の漣がいる。

 


梶山 薫…木村佳乃
腕が良いと評判の消化器外科医。ある強い意志を持って医師を目指し、消化器外科医になって15年が経つ。“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを行ってきた。横浜みなと総合病院に転籍してくると、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支える存在になる。

 

結城涼…清原翔

夏樹奈海…岡崎紗絵

恩田匠…中村俊介

関河隆一…三浦翔平

須藤進…田辺誠一

光野守男…藤井隆

阿久津晃…木下ほうか

高坂民代…高畑淳子

恩田京太郎…北大路欣也

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)


出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/chart/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ