恋はDeepに ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図

恋はDeepに

ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図
2021年04月14日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】6月2日 第8話 放送予定
公式サイト

石原さとみ綾野剛 W主演

この春、史上最強のラブコメがスタート!

海を愛する魚オタクの海洋学者
ロンドン帰りのツンデレ御曹司
巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会った2人。

住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。

 

Sponsored Links

 

脚本
徳尾 浩司(とくお こうじ)・1979年4月2日
・大阪府出身。
・慶應義塾大学卒[1]。
・脚本家、演出家。
sacca所属。
とくお組主宰。

主な作品
劇場版 おっさんずラブ ?LOVE or DEAD?』2021年12月31日 23:59まで配信
走れ!T校バスケット部

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

back number『怪盗』

 

あらすじ 第8話

倫太郎(綾野剛)の腕の中で意識を失った海音(石原さとみ)!

倫太郎は鴨居(橋本じゅん)を頼り、古くからの知り合いだという病院に海音を運ぶ。

しかし海音が目を覚ました時、倫太郎の姿は消えていて……。

 

海音が意識を失っている間、倫太郎は、『海音とはもう関わらない』という約束を鴨居と交わしていた。

自分のせいで海音が無理をし、命を危険にさらしていることを知った倫太郎は、自ら身を引く決意をしたのだった。

そうとは知らず、自分と距離を置く倫太郎に切ない思いを抱く海音。

 

蓮田トラストでは榮太郎(渡邊圭祐)が取締役に就任。

星ヶ浜のリゾート開発計画を白紙に戻すことを発表する……!

 

そんな中、鴨居は、海音の経歴ををめぐって教授会で説明をすることに。

それを知った海音は「本当のことを話したい」と訴えて……。

運命の教授会は翌日に迫っていた……!

 

水曜ドラマ「恋はDeepに」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

渚海音(なぎさ みお)…石原さとみ

芝浦海洋大学・鴨居研究室の特任研究員。
海の生き物に詳しく、なんでも魚にたとえて語っては周囲を驚かせる。いつも明るく笑顔で、誰に対しても優しいお人よしな性格で、頼まれるとNOとはなかなか言えず、押しに弱い。過去の生い立ちなどは語りたがらない、謎めいたところも。プラスチックごみなどにより海が汚されることを嘆いている。海を守るという使命感のもと、蓮田トラストが進めるマリンリゾート開発阻止のため動き出す。そこでリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・倫太郎と出会い……

 

蓮田倫太郎(はすだ りんたろう)…綾野剛

巨大不動産会社・蓮田トラストの御曹司で三兄弟の次男。
仕事に厳しく、近寄りがたい雰囲気で周囲に恐れられている。しかしその鎧の下には無邪気で純真な少年の心を持っている。
子どもの頃、家族で訪れた海で起きたある出来事をきっかけに家族から距離を置くようになり、イギリスへ留学。ロンドンの有名コンサル会社で順調にキャリアを積み重ねていたが、帰国し、マリンリゾート開発事業を任されることに。後継者になるべく育てられた兄・光太郎とは対照的な性格で、再会を機にその確執が表面化し激化。その一方で、リゾート開発に反対する海洋学者・渚海音と出会い……

 

宮前藍花(みやまえ あいか)…今田美桜

芝浦海洋大学・鴨居研究室の特任研究員。
明るく優しいしっかり者で、海音の良き相談相手。言いたい事はハッキリと言う竹を割ったような性格。気遣い上手で面倒見が良いため、ついつい他人を優先してしまい、自分のことは後回しになりがち。個性豊かな面々を仕切る裏番長的存在として、合併の危機にある研究室を支えている。海音の不思議な言動にはすっかり慣れていて、何か事情を抱えていることに感づきながらも、それがなんであろうと大切な友達には変わりないと思い、ありのままの海音を受け入れている。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/deep/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/deep/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、水曜ドラマ恋はDeepにに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ