連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル ネタバレあらすじ第6話(最終回)とキャスト

密告はうたう 警視庁監察ファイル

ネタバレ あらすじ 第6話(最終回)とキャストや相関図
2021年08月22日(日)スタート[全6回]
毎週日曜 夜10時00分~夜11時00分
【WOWOW】9月26日 第6話(最終回) 放送予定
公式サイト

主演・松岡昌宏

「警察の中の警察」=警視庁人事一課監察係

本当の裏切り者は誰か?警察官たちの誇りと意地、権謀術策が激しく交錯する緊迫ハードボイルド・サスペンス!

 

Sponsored Links

 

原作

伊兼源太郎 『密告はうたう 警視庁監察ファイル』(実業之日本社文庫刊)
  

 

脚本
鈴木 謙一(すずき けんいち)・1971年11月3日生まれ。
・神奈川県川崎市出身。
・脚本家、映画監督。

主な作品
アヒルと鴨のコインロッカー』2021年11月9日 23:59まで配信
殿、利息でござる!』2022年3月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第6話(最終回)

「誰のことも信じるな」。

宇田の残した言葉が、手負いの佐良を孤独な捜査へと駆り立てる。

 

鍵となるのは、3年前に宇田が投げ込んだ、自らを告発する密告文の行方。

それを一度は闇に葬り、時を経て再び利用せんとした人間がいる。

 

疑いの対象は、皆口のかつての上司で当時の人事一課に在籍していた堤(鶴見辰吾)、そして能馬。

 

警察官としての誇りと怒りを胸に、佐良は覚悟の行動へ。

そして同時に辿り着く、斎藤の殉職の真実とは。

 

連続ドラマW「密告はうたう 警視庁監察ファイル」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

佐良正輝…松岡昌宏

警視庁人事一課監察係主任。
ある殺人事件の捜査中に後輩刑事の斎藤を殉職で失い、捜査一課から人事一課(ジンイチ)へ異動に。同僚からは疎まれ孤独に業務をこなす日々。

 

能馬慶一郎…仲村トオル

人事一課監察官。
公安出身のエリートで、表情一つ変えず容赦なく身内の不正を暴くことから、「能面の能馬」と警視庁内部で恐れられる存在。佐良に皆口の監察を命じる。

 

ほか

出典:https://www.wowow.co.jp/drama/original/mikkoku/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、連続ドラマW密告はうたう 警視庁監察ファイルに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ