インビジブル ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図

インビジブル

ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図
2022年04月15日(金)スタート
毎週金曜 夜10時00分~10時54分
【TBS系】5月13日 第5話 放送予定
公式サイト

主演・高橋一生

刑事×犯罪コーディネーター
異色のバディが誕生する!

※作品名「インビジブル」とは、
作中で警察内でも実像を「誰も見たことがない」とされていた登場人物の犯罪コーディネーター・キリコに対する通称である

 

【スポンサーリンク】

 

脚本

いずみ吉紘 ほか

いずみ 吉紘(いずみ よしひろ)・1968年12月21日生まれ。
・愛知県名古屋市出身。
・脚本家。
sacca株式会社所属。

主な作品
ROOKIES-卒業-』90日以内に配信終了の予定はありません
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』90日以内に配信終了の予定はありません
帝一の國』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第5話

3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか・・・。

 

腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。

 

しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。

 

一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。

ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。

やはりキリコと武入はつながっているのか。

二人の緊急配備が敷かれる。

 

志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。

 

そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影がみえてきて・・・。

 

金曜ドラマ「インビジブル」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

志村貴文(しむら たかふみ)
高橋一生

警視庁管轄の未解決事件の継続捜査を行う「特命捜査対策班」所属の刑事。
元警視庁捜査一課所属で、当時の行き過ぎた捜査手法を理由とする左遷人事により現職となる。

 

キリコ(インビジブル)
柴咲コウ

犯罪コーディネーター。
志村をバディとすることを条件に未解決事件の捜査協力を申し出る。

 

ほか

出典:https://www.tbs.co.jp/invisible_tbs/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.tbs.co.jp/invisible_tbs/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、金曜ドラマインビジブルに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ