家政夫のミタゾノ あらすじ 第4話とキャストやゲスト

家政夫のミタゾノ

2018年04月20日(金)スタート
毎週金曜 夜11時15分~深夜0時15分
【テレビ朝日系】5月11日 第4話 放送予定

「まことに痛み入ります」

災いは忘れたころにやってくる!?

あなたの家庭をキレイに壊す。

 

ストーリー

家政夫の三田園薫(松岡昌宏)は、寡黙で無表情、おまけに女装しているという、何を考えているのかよく分からない男。派遣先の家でもその外見から最初は警戒されるが、掃除、洗濯、料理、子守など家事全般を完璧にこなす三田園の姿を見て、やがて信頼を勝ち取っていく。

しかし、三田園はそれぞれの家庭の内情をのぞき見して、そこに潜む“秘密”を知ってしまうと、それを表沙汰にするべく周到なわなを張り、少しづつ家族の化けの皮を剥がしていく。

それは家庭崩壊の始まりか? それとも膿を出し切り、家族を再生へと向かわせるための劇薬なのか?

 

Sponsored Links

 

脚本:八津弘幸
(『半沢直樹』『下町ロケット』『刑事7人』ほか)

主題歌:島 茂子『戯言』(ジェイ・ストーム)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

島茂子/戯言(初回限定盤)
価格:2070円(税込、送料別) (2018/4/14時点)

 

 

あらすじ 第4話

大ヒット商品「もぐもぐソープ」を販売する美容界のカリスマ・山脇美子(黒田福美)からの依頼を受け、山脇家の屋敷を訪れた三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)。しかし到着早々、秘書の沢口真奈美(天野はな)から美子が昨晩亡くなったことを聞かされる。

美容と健康を訴え続けてきた自分が病気で死んだ、ということを世間に知られたくないという美子の遺志を汲み、家族葬を執り行うことになった山脇家。今回の依頼は、その一切の仕切りを三田園たちに頼みたい、というものだった。

しかし屋敷に顔を揃えた美子の家族たちは、沢口の存在を快く思っていない様子。しかも長女の千香(遠山景織子)は、精進料理を用意しようとする三田園に「わたしはお肉が食べたいから外で食べてくるから」と身勝手な発言をする。

そんな千香のために、冷凍豆腐をサイコロステーキに見立てた料理を振る舞い、ひとまずその場を収束させた三田園。その夜、千香たちに代わり線香の番をしていた三田園と麻琴は衝撃の事実を知ることになる!!

なんと、死んだはずの美子が棺桶から出て、洗顔…つまり生きていたのだ――!

何故、葬式を…莫大な遺産を巡る一族の裏の顔が次々と明かされていく…!?

 

ゲスト

山脇 美子………黒田福美
美容界のカリスマ。開発した『もぐもぐソープ』が大ヒット商品に。

山脇 千香………遠山景織子
美子の娘。

山脇 光太郎………山本浩司
美子の息子。

 

キャスト

三田園 薫(みたぞの・かおる) … 松岡昌宏
むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。

五味麻琴(ごみ・まこと) … 剛力彩芽
むすび家政婦紹介所で新しく働き始めた家政婦。

平野らむ(ひらの・らむ) … 椿鬼奴
むすび家政婦紹介所のベテラン家政婦。

早坂倫子(はやさか・りんこ) … 内藤理沙
むすび家政婦紹介所の若手家政婦。若いのに家政婦としての知識と経験が豊富。

結 頼子(むすび・よりこ) … 余貴美子
三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。

 

ほか

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ