BS時代劇 鳴門秘帖 ネタバレあらすじ第6話とキャストなど

鳴門秘帖

2018年04月20日(金)スタート[連続10回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】5月25日 第6話 放送予定
公式サイト

幕府転覆計画を記したとされる
「鳴門秘帖」

ロードムービー感覚のスパイアクションと、波乱のラブストーリーが展開される。新しい装いをこらした「鳴門秘帖」に、どうぞご期待下さい。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

吉川英治「鳴門秘帖」

鳴門秘帖(一) (吉川英治歴史時代文庫)

鳴門秘帖(一) (吉川英治歴史時代文庫)

吉川 英治
814円(07/13 10:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

脚本尾西兼一

語り神田松之丞

 

あらすじ 第6話

「十年ぶりの再会」

阿波へ向かう船が、蜂須賀家に差し止められたため、弦之丞(山本耕史)らは大坂で足止めを食らう。

 

見返りお綱(野々すみ花)は、藍玉問屋のお久良(萬田久子)を訪ねて助力を乞う。

お久良は、お綱が甲賀世阿弥の実の娘であり、千絵(早見あかり)は腹違いの妹だと語る。

 

旅川周馬(武田真治)の手を逃れた千絵は、平賀源内(正名僕蔵)に救われるが、旅の疲れから倒れ、人事不省に陥る。

 

源内の知らせを受けてかけつけた弦之丞は、千絵との再会を果たすが、千絵は目を覚まさない。

千絵と姉妹であると知ったお綱は、弦之丞への思いを断ち切る。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト

法月弦之丞(のりづきげんのじょう)……山本耕史
幕府大番頭の嫡子。夕雲流免許皆伝の剣士。

見返りお綱……野々すみ花
女スリで短銃使い。

千絵……早見あかり
弦之丞の許嫁。

関谷孫兵衛……袴田吉彦
お十夜頭巾の辻斬り。

旅川周馬……武田真治
甲賀宗家の高弟。

天堂一角……渡辺大
阿波徳島藩の刺客。

お久良……萬田久子
藍玉問屋・四国屋の女将。

甲賀世阿弥……中村嘉葎雄
甲賀宗家頭領。千絵の父。

 

ほか

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ