五瓣の椿(ごべんのつばき) あらすじ 第5話(最終回)

五瓣の椿(ごべんのつばき)

2017年03月03日(金)スタート[連続5回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】3月31日 第5話 放送予定
公式サイト

亡き父のため、復讐を誓ったある女の苦悩と愛憎!

この物語は、2001年11月30日から12月28日まで金曜時代劇として
放送されたものです。十数年前ですが時代劇ファンでしたら覚えて
いる方も多いのではないでしょうか。

国仲涼子がヒロイン・おしのを演じます。そのほかの
俳優は、阿部寛さん始め、いま大活躍されている皆さんです。

ストーリー
時は江戸・天保年間。
薬問屋「武蔵屋」の娘として幸せに暮らしていたヒロイン・おしの(国仲涼子)。
暮らしぶりは悪くなく父親は家業一筋、母親はそれを言いことに浮気三昧。

慕っていた父親が無念の思いで亡くなった瞬間。純粋無垢で育たおしのは
母親と母親の浮気相手五人を次々と殺すという復讐物語です。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

「五瓣の椿」山本周五郎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五瓣の椿 [ 山本周五郎 ]
価格:905円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)

 

 

脚本
中島 丈博(なかじま たけひろ)・1935年11月12日生まれ。
・京都府出身。高知県中村市(現・四万十市)育ち。
脚本家・小説家・映画監督。

 

主題歌

華原朋美「あなたのかけら」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALL TIME SINGLES BEST [ 華原朋美 ]
価格:3599円(税込、送料無料) (2017/2/16時点)

 

 

あらすじ 第5話

「父と娘」

殺しの下手人はおしの(国仲涼子)とわかり、奉行所も本格的に動き出す。

おしのは五人目の復しゅう相手・源次郎(江守徹)に接近。殺しの予告を千之助(阿部寛)に届ける。

 

与力・青木千之助(阿部寛)がおしの(国仲涼子)の墓を調べた結果、死体はおしのではなく男だった。

「椿(つばき)の花びら殺し」の下手人はおしのと定まり、奉行所も本格的に動き出す。

おしのは五人目の復しゅう相手・丸梅屋源次郎(江守徹)に近づくが、源次郎への愛憎が複雑に入り混じる。

しかし、源次郎が捨てた奉公人(左時枝)の話を聞くにつれ、憎しみが増す。

最後の殺しの予告を千之助に届け、おしのは源次郎に迫る。

 

時代劇「五瓣の椿(ごべんのつばき)」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト

国仲涼子 阿部寛 堺雅人 国本武春 隆大介 及川光博 竹中直人 江守徹 奥田瑛二 秋吉久美子 ほか

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、時代劇「五瓣の椿(ごべんのつばき)」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ