僕とシッポと神楽坂 ネタバレ あらすじ 第4話とキャストや相関図

僕とシッポと神楽坂

2018年10月12日(金)スタート
毎週金曜 夜11時15分~深夜0時15分
【テレビ朝日系】11月2日 第4話 放送予定
公式サイト

~この秋、神楽坂で奇跡が生まれる~

若き獣医師と“シッポ”たちが紡ぐ、命のものがたり…

相葉雅紀×動物

最強タッグによる究極の癒し系ヒューマンドラマが誕生!!

Sponsored Links

原作

たらさわみち「僕とシッポと神楽坂」

楽天市場

 

脚本

谷口純一郎(たにぐちじゅんいちろう)
1971年10月13日生まれ。
東京都出身。
脚本家。

国井 桂(くにい けい)
千葉県出身。
女性脚本家。

主題歌

嵐「君のうた」(ジェイ・ストーム)
※発売日:2018年10月24日
嵐 / 君のうた(通常盤) [CD]

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

あらすじ 第4話

ある日、獣医学生の堀川広樹(小瀧望)が心臓腫瘍を患った犬・ぐりと、その飼い主・井上早苗(滝沢涼子)を連れて、達也(相葉雅紀)のもとにやってくる。

ぐりの腫瘍は切除可能ではあったが、年齢や心臓の機能低下を考えると手術は難しい、と『ナルタウン動物病院』の田代(村上淳)は判断。

しかしその診断に納得ができないという早苗を、広樹は『坂の上動物病院』に連れてきたのだった。

達也の診断もまた、田代と同じ。だが達也は「1%でも可能性があるのなら見捨てるわけにはいかない」と、トキワ(広末涼子)の反対を押し切って、手術を敢行する!

手術は成功し、あとはぐりの体力の回復を待つばかり。しかしその夜、達也が経過を見守る中、ぐりの容態が急変し、息を引き取ってしまう…。

ぐりを『坂の上動物病院』に連れてきて、無理矢理手術をさせたことに責任を感じる広樹。「君のせいじゃないよ。引き受けたのは僕だから」と慰める達也もまた、無力感と悲しみに苛まれていた。

その翌日から、『坂の上動物病院』に予約キャンセルの連絡が相次ぐ。さらに、ネット上でも「無理な手術をして、犬を死なせた」という心無い噂が飛び交い始め…?

 

キャスト

高円寺達也(こうえんじ・たつや)
……相葉雅紀

高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。獣医大学を卒業した後、勤務医として動物病院で働いていたが、実家に戻り、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。一見、気弱そうだが腕は確かで、優しい心の持ち主。病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて“シッポ”と呼んでいる。言葉を話すことができない“シッポ”たちに対し、持ち前の動物の心に寄り添う才能と勤務医時代の経験をもって接し、街の動物のお医者さんとして唯一無二の存在になっていく。

加瀬トキワ(かせ・ときわ)
……広末涼子

『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。大地というひとり息子を女手一つで育てている。得意料理(自称)は“煮物”で、大地は(やがて達也も)味が染みに染みた煮物を何日も食べさせられている。

すず芽(すずめ)
……趣里

神楽坂の芸者。貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、達也の家に出入りしている。幼い頃から達也に思いを寄せており、大好きな達也のために多国籍なお弁当を作って届けたりと、まっすぐな気持ちをぶつけまくっている。『坂の上動物病院』に現れた看護師・トキワをライバル視している。

堀川広樹(ほりかわ・ひろき)
……小瀧望(ジャニーズWEST)

東都獣医大の学生。田代に感銘を受け、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる。何事にも一生懸命で好奇心も旺盛、そして知識も豊富で優秀だが、そのやる気が前面に出過ぎて、人の話を遮りがち。

まめ福(まめふく)
……渚(尼神インター)

神楽坂の芸者。すず芽と同じく、貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出入りしている。達也との付き合いはそれなりに長く、しょっちゅう貴子、すず芽と3人がかりで達也にちょっかいを出しては楽しんでいる。

神主(かんぬし)
……矢柴俊博

達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没で、突然達也の前にぬっと現れては不可思議な言葉を残し去っていくため、常に達也を戸惑わせている。

加瀬大地(かせ・だいち)
……矢村央希

トキワのひとり息子。達也に頼まれて、『坂の上動物病院』に通うようになり、動物たちの面倒をみるようになった。

看板犬・ダイキチ
……アトム

『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった。大地の熱意により、コオ先生たちに看板犬として迎え入れられることに…!?

地域猫・オギ
……ミーちゃん

神楽坂の地域猫。達也の家、『坂の上動物病院』、赤城出世稲荷神社がお気に入りの場所。

名倉雅彦(なくら・まさひこ)
……大倉孝二

達也の幼馴染でフリーライター。自分がヒマなのをいいことに、達也を誘って神楽坂の居酒屋で飲んでばかりいるが、達也の優しさを一番わかっている人物でもある。

田代真一(たしろ・しんいち)
……村上淳

『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。トキワに思いを寄せていて、達也を恋敵として意識している。

高円寺貴子(こうえんじ・たかこ)
……かとうかず子

達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。「いつ結婚するのか」「孫の顔は見られるのか」と、何かと息子の将来を心配しつつ、優しく見守っている。

徳丸善次郎(とくまる・ぜんじろう)
……イッセー尾形

神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。神楽坂の人々に慕われる街のお医者さん。

ほか

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ