特捜9 season2 ネタバレあらすじ第6話とゲストやキャストなど

特捜9 season2

2019年04月10日(水)スタート
毎週水曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】5月15日 第6話 放送予定
公式サイト

個性派揃いの“特捜班”が帰ってくる!

井ノ原演じる浅輪直樹が昇進!

前作では巡査部長ながら主任を務めた直樹が、今作では名実ともに主任に昇進。特捜班のメンバーと新たな関係を築いていく。

さらに、これまでとは異なるコンビで捜査にあたるなどのアイデアも取り入れられ、ますます進化するストーリー展開も見どころです。

Sponsored Links

 

脚本

徳永富彦、岡崎由紀子、林誠人、真部千晶、瀧川晃代 ほか

主題歌

V6「ある日願いが叶ったんだ」
※発売日:2019年06月05日

 

あらすじ 第6話

行列のできる焼き菓子の名店『のぐち』の店主・野口功子(秋野暢子)が殺された。

死因は背中から胸の大動脈を傷つけられたことによる失血死で、凶器は殺害現場の厨房にあったペティナイフ。

レジの金が抜き取られていたこともあり、特捜班は怨恨と物取りの両面から捜査を開始する。

 

遺体の第一発見者は島崎透(須藤公一)というデパートの営業マン。

島崎はデパートの得意客・村岡芳美(三倉茉奈)から『のぐち』を紹介され、功子の作るアップルパイの虜に。

以来、デパートに出店してほしいと功子を説得するため『のぐち』に通いつめていたという。

いつもより2時間も早く店を閉めようとしていた功子は、島崎を追い返してすぐ、藤本理沙(木下あゆ美)というパティシエと電話していた。

それが最後の電話だと知った浅輪直樹(井ノ原快彦)は衝撃を受ける。

ついさきほど妻・倫子(中越典子)からケーキ店『ミヤハラ』で働いていた頃の友人だと、理沙を紹介されたばかりだったのだ!

そんな中、理沙が『ミヤハラ』を辞めた後、『のぐち』で働いていたことも判明する。

 

一方、島崎に『のぐち』を紹介した芳美のもとへ向かった小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、芳美もかつて『のぐち』で働いており、当時、理沙と芳美のほかに坂出鈴(おりもりお)という弟子がいたことを聞き出す。

さらに、理沙と鈴の間には『のぐち』の後継者を巡る微妙な確執があったこともわかり…。

 

直樹は12年前に何があったのか、そして後継者争いの真相を調べるため、再び理沙のもとへ…。

特捜班が時をさかのぼって真相に迫る!

 

〈ゲスト〉
野口功子………秋野暢子
藤本理沙………木下あゆ美
村岡芳美………三倉茉奈
宮原礼二………金児憲史

 

「特捜9 season2」公式サイトより引用

 

キャスト

警視庁捜査一課特別捜査班

 

浅輪直樹(あさわ・なおき)…井ノ原快彦
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
連ドラの1話で5級職警部補に昇進し、名実ともに特捜班の主任となる。人一倍正義感が強く、曲がったことが大嫌い。二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはあり、頭の回転が早く、運動能力も高い。弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。特捜班の若手刑事・新藤の暴走に苦言を呈する先輩らしい一面も。妻は加納倫太郎(渡瀬恒彦)の娘・倫子。

 

小宮山志保(こみやま・しほ)…羽田美智子
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
特捜班の紅一点。男性社会で肩ひじを張って生きてきたが、気づけば“オバサン”と呼ばれる年齢に…。いくつもの恋に破れた結果、結婚はあきらめモードだが、若い男の子を見るとついからかってしまう。仕事では、頼りになる女性としての一面も健在。

 

村瀬健吾(むらせ・けんご)…津田寛治
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰な男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を秘めている。

 

青柳靖(あおやぎ・やすし)…吹越満
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居している恋人の垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を認めない警察を辞めたが、特捜班に復帰した。

 

矢沢英明(やざわ・ひであき)…田口浩正
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹する一方で、厳しく叱ることもできる優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家で、休日に彼女のアシスタントを務めることも。捜査に必要な似顔絵の腕前もプロ級で、意外と多才。

 

新藤亮(しんどう・りょう)…山田裕貴
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査。
現代っ子らしい軽薄な若者要素をもつ。手柄を立てて認められたいという承認欲求が強く、先走りがち。特捜班の面々からは出世欲の強い村瀬と似ていると思われている。軽々しい発言や、地道な捜査を軽んじる発言で、よく直樹に怒られる。

 

宗方朔太郎(むなかた・さくたろう)…寺尾聰
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。
警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元監察官。とある事件をきっかけに引き取った琴美を育てるため“9時→5時”で特捜班の班長を務めていたが、恨みを買いやすい職業であるうえに、一人で留守番させる時間が多いため、亡き妻の親戚の家に琴美を預けることに。一風変わった人物だが、事件解決のヒントを与えてくれることが多く、特捜班のメンバーからの信頼も厚い。

 

特別捜査班の関係者

 

浅輪倫子(あさわ・みちこ)…中越典子
パティシエール。加納倫太郎の実の娘。直樹との結婚生活を謳歌している。
いろいろな細かいニーズに応えたお菓子をネットで販売したいと考え、試行錯誤する。

 

関東監察医務院

 

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)…原沙知絵
関東監察医務院に勤務する監察医。
遺体に関するプロフェッショナル。女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは相変わらず仲が良い。

 

警視庁

 

神田川宗次朗(かんだがわ・そうじろう)…里見浩太朗
警視庁警視総監。
捜査一課の従来の係にはない捜査方法で、臨場から送検までを速やかに行う「特捜9」を発足させた。特捜班の活躍に期待し、見守っている。

 

猪狩哲治(いかり・てつじ)…伊東四朗
警視庁鑑識員。
かつて志保と同じ所轄で勤務していたことがある。定年退職したが再雇用され、鑑識として現在も活躍している。

 

佐久間朗(さくま・あきら)…宮近海斗〈ジャニーズJr.〉
昨年、警視庁本庁に配属された若手鑑識課員。
鑑識の神様・猪狩の元で修行中。

 

三原達朗(みはら・たつお)…飯田基祐
東大法学部卒業後、警察庁に入庁。
警察庁長官官房人事部長を経て警視庁刑事部長に就任。神田川の大学の後輩で、刑事部長を経てトップを目指す野心満々な男。

 

ほか

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「特捜9 season2」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ