凪のお暇(なぎのおいとま) ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

凪のお暇(なぎのおいとま)

2019年07月19日(金)スタート
毎週金曜 夜10時00分~10時54分
【TBS系】8月2日 第3話 放送予定
公式サイト

「ぜんぶ捨てた人生」

捨てたもんじゃない!

 

仕事も恋も全て捨てた 28歳 OL が突然の失踪!
追いかける元カレと新しく出会う人たちを巻き込んだ人生リセットストーリー!

いろいろと柵に悩んでるそこのあなた、一度人生をリセットしてはいかがでしょうか???

 

Sponsored Links

 

原作

コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載)

 

コナリ ミサト・7月22日生まれ。
・女性漫画家。
・かに座、血液型はO型。
デビューは2004年。

 

脚本
大島 里美(おおしま さとみ)・1977年11月16日生まれ。
・栃木県日光市出身。
・早稲田大学第一文学部卒業。
・脚本家。

主な作品
テレビ
マチ工場のオンナ』2019年10月31日 23:59まで配信
あなたには帰る家がある』2020年3月31日 23:59まで配信

※本ページの動画情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

miwa 『 リブート 』 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
※発売日:2019年08月14日

 

あらすじ 第3話

凪(黒木華)は、北海道で暮らす母・ 夕(片平なぎさ)からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。

慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。

とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい 「やばい!」 とパニックになる凪。

部屋を出ると、近所に引っ越してきた 龍子(市川実日子)が、凪のことを待っていた。

驚く凪だったが、慎二(高橋一生)との出来事を龍子に聞いてもらう事に。

「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。

慎二がクズだと分かると 「なんで付き合っていたのか」 と問われるが、凪は答えられないでいた。

そこへ、部屋から出て来た ゴン(中村倫也)と出くわす。

龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが 「少女漫画みたい!」 とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。

そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。

しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は “ある事” に気づく…

 

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。

いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。

 

そんな事などつゆ知らず、凪は隣人の うらら(白鳥玉季)とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。

うららは、揚げたてを上階に住んでいる 緑(三田佳子)に持っていきたいと部屋を出ていく。凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

 

「凪のお暇(なぎのおいとま)」公式サイトより引用

キャスト

大島 凪(おおしま なぎ) … 黒木 華

営業事務として働く会社員。
派手な同僚たちとは反して目立たない仕事を黙々とこなす日々。
コンプレックスの天然パーマを毎朝1時間かけてサラサラストレートヘアにし、同性を威嚇しないコンサバ女子アナコーデで武装。真面目でおとなしい性格で、同僚女子の会話の空気を必死で読み 「わかる!」 と合わせることで日々何事もなく過ごすことを目指している。

 

我聞 慎二(がもん しんじ) … 高橋一生

凪の彼氏。
同じ会社の営業部。生意気な言動の一方で気配りを忘れず、得意先の上司に臆することなく人の懐にスッと入り込むことができ、営業成績は常にトップ。
会社では完璧なのに、去っていった凪に対しては恐ろしく不器用。

 

安良城 ゴン(あらしろ) … 中村倫也

凪が新たに出会う、イベントオーガナイザーをやっているという、危険な香りがする隣の部屋の男。人との距離感ゼロの天性の人たらしで、別名・メンヘラ製造機。
誰にでもオープンマインドで、優しくて聞き上手。相手を丸ごと包むような笑顔で、誰しもが彼の作り出すユルくて美味しい空気につい呑まれてしまうという奇跡のモテ男だが…

 

坂本 龍子(さかもと りょうこ) … 市川実日子
成績優秀で高学歴にも関わらず、ハローワークで求職中の元会社員。
“空気を読みすぎた” 凪と対照的に、“空気を読めなかった” 女性。凪との出会いは最悪だったが…

 

足立 心(あだち こころ) … 瀧内公美
凪の勤務先の同僚。凪に対して “無意識” かつ “笑顔で” 雑用を押し付けていた。凪が会社を辞めた原因になったが、自分ではそれに気づいていない。慎二のことが気になっている。

 

江口 真央(えぐち まお) … 大塚千弘
凪の同僚。足立といつもつるんで、“無意識” に凪をサンドバッグにして追い込んでいた。

 

織部 鈴(おりべ すず) … 藤本 泉
凪の同僚。一見仲良しのように見えるが、足立と群れながら凪に “ダメ出し” を繰り返し、追い込んでいた。

 

エリィ … 水谷果穂
ゴンの女友達。ゴンと一緒にイベントでパフォーマーとして働いている。
ゴンに気があるようだが…

 

市川 円(いちかわ まどか) … 唐田えりか
慎二の会社の後輩。大阪支社で営業トップの成績を獲得して東京本社にやって来る。頭の回転がはやく、美人で気が利いて、性格も良いという非の打ち所がない女性。

 

白石 うらら(しらいし うらら) … 白鳥玉季
凪の隣の部屋に住む小学5年生の女の子。
母・みすずが働きにでているので、日中はカギっ子。あやとりで遊んだりするのが本当は好きだが、空気を読んで学校ではイマドキの遊びをしたり、周りと合わせている。

 

杏(あん) … 中田クルミ
慎二の行きつけのスナック 「バブル」 の店員。
どことなく凪に似た雰囲気。凪に対して残念な事しか出来ない慎二に明け透けにダメ出しをする。

 

小倉 康明(おぐら やすあき) … 谷 恭輔
慎二が働いている会社の後輩。

 

井原 亮(いはら りょう) … 田本清嵐
慎二が働いている会社の後輩。

 

大島 夕(おおし まゆう) … 片平なぎさ
凪の母親。凪を女手ひとりで厳しく育てる。
凪の実家の北海道で一人暮らし。たまに凪に連絡をするが、そのたびに凪を強張らせている。しつけに厳しかったこの母親との関係性が、凪の 「空気を読む」 体質の原因となっている。

 

スナック「バブル」のママ … 武田真治
慎二の行きつけのスナック 「バブル」 のオーナー。

 

白石 みすず(しらいし みすず) … 吉田 羊
一人娘の小学校5年生のうららを育てているシングルマザー。
カギっ子だった凪が、あまりにも自分と境遇が似ているうららと仲良くなったことをきっかけに、隣同士の付き合いが始まる。凪と同じく周りのママ友にマウンティングされがちだが…

 

吉永 緑(よしなが みどり) … 三田佳子
凪の上の階に住むおばあさん。
パン屋でパンの耳をタダでもらったり、自販機の下の小銭を探していたり、近所で評判の “おつり漁りババア”。無職&独身の凪にとって、「この生活を続けていたら、いつかこの人みたいになってしまう」 という恐怖の対象。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ