ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ あらすじ 第8話(最終回)

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~

2017年04月14日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜10時00分~10時49分
【NHK総合】6月2日 第8話 放送予定
公式サイト

伝えたい思い、ありませんか?

その手紙、あなたに代わって書きます――。

 

古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの
主人公・雨宮鳩子(多部未華子)が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、
手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく・・・。

 

Sponsored Links

 

原作:小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツバキ文具店 [ 小川糸 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)

 

 

脚本:荒井修子

主題歌:コトノハ/絢香

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

▼CD/コトノハ/絢香/AKCO-90054 [5/10発売]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)

 

 

キャスト

雨宮鳩子雨宮鳩子(あめみやはとこ)…多部未華子
カシ子の孫。かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。あだ名はポッポ。

白川清太郎(しらかわせいたろう)…高橋克典
鎌倉の観光ガイド。「ツバキ文具店」に顔を出し、カシ子の身の回りの手伝いをしていた。かつては東京の一流商社に勤めていた。

守景蜜朗(もりかげみつろう)…上地雄輔
鎌倉の「むぎカフェ」の店主。一人娘の陽菜と暮らしている。

守景陽菜(もりかげはるな)…新津ちせ
通称はーたん。守景さんの娘で、手紙を書くのが大好きな5歳の女の子。鏡文字が交ざった手紙を鳩子にくれる「文通相手」。

楠帆子(くすのきはんこ)…片瀬那奈
パンを焼くのが得意な小学校の教師(ティーチャー)であることから、パンティーと呼ばれている。手紙にまつわる出来事がきっかけで鳩子と友達に。明るくて前向きな女性。

バーバラ婦人(ばーばらふじん)…江波杏子
雨宮家の隣に住む婦人。生前のカシ子と親しくしていた。鳩子を温かい目で陰ながら見守っている。

男爵(だんしゃく)…奥田瑛二
鎌倉の人々から「男爵」と呼ばれている男性。カシ子の葬儀に顔を出し、鳩子のことも昔から知っている様子。

雨宮カシ子(あめみやかしこ)…倍賞美津子
鳩子の亡き祖母。鎌倉で「ツバキ文具店」を営み、客に頼まれると美しい文字で手紙を代筆していた。

ほか

 

あらすじ 第8話

「解き放たれた言葉」

亡くなった祖母・カシ子の残された手紙によって、自分への深い愛情を知った鳩子。ショックのあまり手紙を書けなくなってしまう。

一方、守景さんは、はーたんを連れて鎌倉を去る決意を固めていた。鳩子は思いを伝えられないまま動揺する。

そんな折、バーバラ婦人の発案でお花見会を開く。桜の下で鳩子は、鎌倉で多くの人の思いやりに支えられて、自分は幸せに生きているのだと気付く。

そしてある日、守景さんとはーたんと一緒に向かった寺で、亡きカシ子の思い出がよみがえってくる。

守景と向き合った鳩子は…。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ