大岡越前4 あらすじ 第6話とキャスト

大岡越前4

2018年01月12日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】2月16日 第6話 放送予定
公式サイト

 

新相棒登場・結城新三郎

榊原伊織の後任をつとめることになった蘭方医。

 

今回は、大岡家のホームドラマがいつになく色濃く出てくるそうです。
普段は見ることの出来ない忠相の素顔にもご期待下さい!。

 

Sponsored Links


 

脚本:尾西兼一 いずみ玲 池田政之 大西信行

オープニングテーマ曲:由紀さおり

 

あらすじ 第6話

「まぶたの母は大奥様」

忠相(東山紀之)の母・妙(松原智恵子)の隠し子だという渡世人・巳之吉(喜多村緑郎)が現れ、忠相を兄上と呼ぶ。周りのものはビックリ。

巳之吉は、生い立ちを示すほぞのお書きをどこかで落としてしまったと言うが、妙は「私の息子です」と言い切り、巳之吉の辛い身の上話を聞いてやる。

妙の態度には隠された深い理由があると察した忠相は、三次(近藤芳正)に巳之吉の過去を探らせる。

殺しの現場から、巳之吉のほぞのお書きが見つかり、巳之吉に人殺しの嫌疑がかかる。忠相は、巳之吉の濡れ衣を晴らし、巳之吉の生い立ちを明らかにする。

 

キャスト

大岡忠相 – 東山紀之
江戸南町奉行。将軍・吉宗からの信頼が厚い。

徳川吉宗 – 平岳大
八代将軍。忠相たちに支えられ享保の改革を進める。

結城新三郎 – 寺脇康文
榊原伊織の後任をつとめることになった蘭方医。忠相と深い友情で結ばれる。

三次 – 近藤芳正
居酒屋「たぬき」のあるじ。また忠相の密偵でもある。

村上源次郎 – 高橋長英
南町奉行所の同心。忠相をひたむきに支える。

大岡忠高 – 津川雅彦
忠相の父。忠相とは正反対の破天荒な性格。

妙 – 松原智恵子
忠相の母。つねに息子の味方として温かく見守る。

雪絵 – ミムラ
忠相の妻。明るく内助の功で夫を支える。

吉本作左ヱ門 – 寺田農
雪絵の父。よく忠高と口げんかするが、実は気が合う2人。

ほか

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ