日曜劇場 テセウスの船 ネタバレあらすじ第4話とキャストや相関図 主演・竹内涼真

テセウスの船

ネタバレあらすじ第4話とキャストや相関図 主演・竹内涼真
2020年01月19日(日)スタート
毎週日曜 夜9時00分~9時54分
【TBS系】2月9日 第4話 放送予定
公式サイト

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

 

令和から平成へ
父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップ!
父はなぜ事件を起こしたのか?
本当に殺人犯なのか?

物語
加害者家族としてつらい人生を送ってきた心が、タイムスリップしたことで本当に父が殺人犯なのか疑問を抱き、過去を変えようと立ち向かう姿を描く壮大なミステリー大作。乞うご期待!!

 

Sponsored Links

 

原作

東元俊哉「テセウスの船」(講談社)

  

 

脚本
高橋 麻紀(たかはし まき)・東京都出身。
・青山学院大学文学部卒。
・脚本家。

主な作品
『アリスの棘』アリスの棘

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

Uru「あなたがいることで」
※発売日:2020/03/18
Orion Blue [Limited Cover Edition]

 

あらすじ 第4話

「平成元年から、再び現代へ」

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

 

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

 

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。

心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

 

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。

心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

 

「日曜劇場 テセウスの船」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


田村心(たむら・しん)…竹内涼真
31年前に起きた連続毒殺事件で父・文吾が逮捕され、顔も見たことがない父のせいで人目を気にして生きてきた。事件が起きる直前の平成元年にタイムスリップ後、失われた家族の笑顔を取り戻すために、父の事件を食い止めて過去を変えようとする。


田村由紀…上野樹里(特別出演)
心の妻。心の父が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚。現在妊娠中。事件と向き合うように心の背中を押す。


佐野和子…榮倉奈々
心の母。明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましさを持つ。


佐野文吾…鈴木亮平
心の父。31年前に起きた連続毒殺事件で逮捕され、死刑囚として服役している。かつては村の駐在警察官として働いており、底抜けに明るく豪快で、家族からも村人からも愛されていた。

車椅子の男…安藤政信

田村 鈴…貫地谷しほり

佐々木 紀子…芦名 星

長谷川 翼…竜星 涼

田中 正志…せいや(霜降り明星)

徳本 卓也…今野浩喜

佐野 鈴…白鳥玉季

佐野 慎吾…番家天嵩

金丸 茂雄…ユースケ・サンタマリア

石坂 秀夫…笹野高史

井沢 健次…六平直政

木村 さつき…麻生祐未

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)


出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜劇場「テセウスの船」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ