ルパンの娘2 ネタバレあらすじ第9話(最終回)とキャストや相関図

ルパンの娘2

ネタバレあらすじ第9話(最終回)とキャストや相関図
2020年10月15日(木)スタート
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】12月10日 第9話(最終回) 放送予定
公式サイト

深田恭子主演のラブコメディー待望の続編!

泥棒と警察の新婚生活、はじめました。

 

Sponsored Links

 

原作

横関大「ルパンの娘」(講談社文庫刊)
  

 

脚本
徳永 友一(とくなが ゆういち)・1976年生まれ。
・獨協大学法学部法律学科卒業。
・脚本家。
2005年にフジテレビのテレビドラマ『電車男』第6話の脚本で地上波デビュー。

主な作品
海月姫』2021年11月30日 23:59まで配信
欠点だらけの刑事』2021年5月18日 23:59まで配信
約束のステージ?時を駆けるふたりの歌~』2021年8月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

サカナクション『モス』(NF Records / Victor Entertainment)
  

 

あらすじ 第9話(最終回)

華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)、杏(小畑乃々)たち家族に再び平穏な日々が訪れていた。

生死をさまよっていた和馬は無事に生還、母親の華が大泥棒一家“Lの一族”だと知ってしまった杏も受け入れてくれた。

そして世間に生きていることがバレてしまい追い詰められていた“Lの一族”も、ナターシャ(太田莉菜)や大柄な男(岡元次郎)たち盗賊団を本物の“Lの一族”に見せかけるという尊(渡部篤郎)のアイデアで窮地を切り抜けることができたのだ。

 

北条美雲(橋本環奈)もまた、うるさかった隣人が引っ越したことで静かな生活を取り戻していた。

そこに予期せぬ来客。訪れたのは今まで仇として追いかけてきた尊だった。

尊の様子から自分に頼みごとがあるのだと推理する美雲。さらに“Lの一族”ではなくわざわざ自分に頼みに来るということは“家族に言えない秘密”があるのではないか? と鋭く畳みかける。

相変わらずの美雲に尊はさっそく願い事を申し出るのだが…。

 

その頃、悦子(小沢真珠)は宝を大放出してしまったことによる“お宝不足”で息も絶え絶えになっていた。

そこに渉(栗原類)から新たなお宝“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”が提案される。

悦子は飛びつくが、渉は美雲にプレゼントするのだと言い張る。

 

そんな時、華と和馬のマンションに円城寺輝(大貫勇輔)が現れた。円城寺は華に1日だけフィアンセのふりをして欲しいと頼む。

円城寺は突然帰国した父の豪(市村正親)に、許嫁であった華とまだ結婚していないことを叱られたのだという。

突然の無理難題な申し出に戸惑う華と和馬だったが、豪はとんでもなく怖い男のようで…。

 

豪と会った華と円城寺は、結婚式の日取りやドレスをどうするのか問い詰められる。

そして円城寺家で花嫁に贈ると決められているリングを華のために盗み出すよう円城寺は言い渡される。

それは尊たちの狙っている“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”だった。

 

尊は昔からライバル関係だった豪からリング争奪戦を申し込まれ受けて立つ。

その条件は三雲家と円城寺家でリングを盗み合い、三雲家が先に盗んだら華の許嫁の件を豪が取り消し、円城寺家が勝ったら華を円城寺家に嫁がせるというもの。

かくして世紀の泥棒合戦が始まった!

 

「ルパンの娘2」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


三雲華……深田恭子
大泥棒“Lの一族”の長女。泥棒一家に生まれたことを呪い、家業を継ぐことを頑なに拒み続けてきたが、本当は家族の誰よりも盗みの才能がある。ひとたび泥棒スーツを着ると泥棒一家の血が騒いで、普段の穏やかな華から一変した、強くて格好良くセクシーな泥棒になってしまう。和馬と出会って恋に落ち、泥棒と警察という相容れない家柄同士だったが、数々の困難を乗り越えて結ばれた。

 


桜庭和馬……瀬戸康史
代々警察一家である桜庭家の長男。厳格な家柄で、結婚相手は警察官と決められていたが、華と出会ったことでいばらの道を進むことに。桜庭家の悲願であった警視庁捜査一課に配属されたが、華と付き合っていた責任を取らされ、所轄署へと左遷される。

 

北条美雲……橋本環奈
京都で代々続く名探偵一家の娘。亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、美雲自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいる。洞察力・推理力に長けているが、実はド天然。Lの一族のせいで、実家が没落し莫大な借金を背負ってしまう。感情的になった時などに「~どす」「~やす」などの京都弁が出る。

 

三雲悦子……小沢真珠
華の母。宝飾品専門の泥棒。美の追求に貪欲で、もうすぐ還暦を迎えるが本人にその自覚はなく、30代後半にしか見えない奇跡の美魔女。夫の尊とはバカップルのようにじゃれ合っているが、尊同様やる時はやる。母親らしいことは何一つしていないように見えるが、心の内では華の幸せを願っている。

 

三雲渉……栗原類
華の兄。三雲家の長男で、本来はLの一族の正統な後継者だが、部屋から一歩も出ずに暮らす。家族ともタブレット端末を介して会話する筋金入りの引きこもり。しかし泥棒の血は争えず、ネットで情報を盗む超一流のハッカーでもある。世継ぎをつくるために、結婚を目指して女性とのお見合いを試みるという“大いなる一歩”を踏み出す。

 

三雲マツ……どんぐり
華の祖母。神出鬼没の鍵師。若い頃は華そっくりの見た目だったが、事情があり整形して今のビジュアルに。かつて、和馬の祖父・和一と恋仲にあったことが判明するなど、桜庭家とは深い因縁がある。関西人に成りすましていた名残で、今も家族の中で唯一の関西弁。

 

三雲尊……渡部篤郎
華の父。美術品専門の泥棒。高級マンションに住んで優雅な暮らしを送っているが、すべて盗品。ただし“悪人からしか盗まない”というのが三雲家のモットー。普段はひょうひょうとしていい加減に見えるが、仕事はプロフェッショナル。警察を嫌っており、刑事の和馬と付き合う華に激怒したこともあったが、和馬を思う華の姿を見るうちに2人を応援するように。

 

ほか

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/chart/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、木曜劇場ルパンの娘2に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ