にじいろカルテ ネタバレあらすじ第9話(最終回)とキャストや相関図

にじいろカルテ

2021年01月21日(木)スタート
毎週木曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】3月18日 第9話(最終回) 放送予定
公式サイト

高畑充希 テレ朝連ドラ初主演!

秘密を抱えた“ポンコツ女ドクター”は
山奥の怪しい“ぽつんと診療所”へ。

ストーリー
東京の最前線で医療に従事していた内科医の紅野真空(高畑充希)。
しかし、“ある病”が発覚し、医療を続けられる山奥の診療所へ“秘密”を抱えたままやって来る。

そして同じく東京から来ていた外科医と看護師と共に一つ屋根の下で暮らしながら、個性豊かな村人たちと触れ合い、命と向き合い成長していくヒューマンドラマ。お楽しみに!

 

Sponsored Links

 

脚本
岡田 惠和(おかだ よしかず)・1959年2月11日生まれ。
・東京都三鷹市出身。
・和光大学人文学科中退。
・脚本家。
・漫画原作者。
所属事務所はU.F.O.カンパニー。
音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビューした。

主な作品
テレビ
この世界の片隅に』2021年1月31日 23:59まで配信
連続テレビ小説 ちゅらさん』2021年4月30日 23:59まで配信

映画
いま、会いにゆきます』2021年11月25日 23:59まで配信
世界から猫が消えたなら』2021年11月25日 23:59まで配信
雪の華』2021年7月2日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

藤井 風『旅路』(HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)

 

あらすじ 第9話(最終回)

虹ノ村に新たな住人がやってくる――。

無口で愛想がなく、謎に包まれた1人の男性・藤田(柄本時生)。

張り切りまくりの霧ケ谷(光石研)は、一軒の空き家を案内するが…?

 

そんな中、虹ノ村の面々は、まもなく訪れる“のど自慢大会”の準備の話題で大盛り上がり。

微笑ましく聞いていた真空(高畑充希)だが、嵐(水野美紀)から「真空ちゃんの分も申し込んでおいたよ」と突如言われて唖然。

なんと真空、朔(井浦新)、太陽(北村匠海)の3人で虹ノ村診療所チームとして申し込み済みだという。

有無を言わさず参加することが決定し、驚きつつも嬉しい真空。

だが、時おり感じる手の痺れに、一抹の不安を感じ始め…。

 

そして翌日。診療所に、もがき苦しむ藤田がやってくる。

霧ケ谷に抱えられ「足が痛い」とうめくものの、原因がわからず首をかしげる朔。

そこへ更に、脚立から落ちた西川、何やら様子がおかしい佐和子(水野久美)、そしてついには骨折したらしいまじょたく(池田良)まで現われ、緊急手術が行われることに…!

突然嵐のように忙しくなった診療所で、真空、朔、太陽は見事なコンビネーションで次々に患者を救って行く。

 

「私たち、最強の3人だよね」

楽しくて、やりがいがあって、最高の仲間に恵まれて――。

そんなある晩。

3人が笑いながら食卓を囲んでいると、突然真空の表情が一変。

そのまま床に倒れ込んでしまい……!

 

別れはいつも、突然訪れる――。

医者でも患者でも、どっちでもいいよ。

お願いだから僕らのそばにいて――?

 

果たして、真空の運命は…?

 

ありがとう、ずっと大好き――。

 

木曜ドラマ「にじいろカルテ」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


紅野真空(くれの まそら)……高畑充希
内科医。
東京の大病院で救急救命に携わっていたが、“ある病”を患っていることを知る。
病を抱えながらも医師として仕事を続けたいと考え、偶然知った虹ノ村の診療所の医師募集に採用され、住み込みで働くことを決意する。


蒼山太陽(あおやま たいよう)……北村匠海
看護師。
優秀だが、短気で直ぐにキレる。


浅黄朔(あさぎ さく)……井浦新
外科医。
ツナギ姿にサングラスという医者らしからぬ格好で「本業は農家、副業が外科医」と豪語する。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/nijiiro/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、木曜ドラマにじいろカルテに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ