泣くな研修医 ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

泣くな研修医

2021年04月24日(土)スタート
毎週土曜 夜11時00分~夜11時30分
【テレビ朝日系】5月8日 第3話 放送予定
公式サイト

白濱亜嵐 主演

研修医たちの青春群像劇がこの春、誕生!!

自分の無力さにもがき、傷つく若者たちへ
ドラマを通して熱いエールを!!

 

現役医師が描いたからこその“圧倒的リアリティー”が表現され、決して“涙なし”では見られない「生きること」の光と影が詰まった物語。
これまでの医療ドラマであまり描かれることがなかった、医師でありながら何もわからない研修医たちのリアルを描くと共に、現代の医療界が抱える問題もうつし出していく、医療ドラマとしても見応えのある作品です。ぜひご期待ください!

 

Sponsored Links

 

原作

中山祐次郎『泣くな研修医』
  

 

脚本
樋口 卓治(ひぐち たくじ)・1964年10月22日生まれ。
・北海道出身。
・放送作家。
古舘プロジェクト所属。
第106回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『共演NG』、大根仁と共同)

主な作品
共演NG』2021年12月16日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

DOBERMAN INFINITY『konomama』(LDH Records)

 

あらすじ 第3話

隆治(白濱亜嵐)は、胃がんで入院している87歳の患者・森山から聞き取りを行い、病状を含めた情報収集する業務(=アナムネ)を任される。

でも、認知症でもある森山さんに何を聞いても隆治は会話にならず、結局看護師の吉川(西尾まり)が事前にヘルパーさんに聞いていた情報をもらうことに。

その情報をもとに、今後の治療方針を決めるカンファレンスで隆治は治療方針を提案するが、先輩医師たちは森山の年齢や認知症などの状況を考え、手術を行わず、BSCでいく方針を決める。

納得のいかない隆治は、森山に申し訳ない気持ちに。

そんな中、森山が夜、ベッドに立ち上がって転倒してしまう。

認知症の森山は、その後ベッドに拘束されてしまうが、隆治はなぜ森山が立ち上がろうとしたのかが気になり…。

 

一方、くるみ(恒松祐里)は、担当する膵頭部にガンが見つかったシングルマザーの患者が、治療をすれば根治も目指せるのに、娘の中学受験まで待って欲しいと言われてしまう。

先延ばしにすればリスクが高まってしまうため、なんとか説得して治療を行いたいが…。

 

土曜ナイトドラマ「泣くな研修医」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

雨野隆治(あめの・りゅうじ)(25)…白濱亜嵐

研修医1年目。生まれてから大学卒業までを鹿児島県で過ごす。
5歳のころ、兄を病気で亡くしている。それを自らのせいと思い込み、のちに医学の道を目指すことになる。
正義感が強く頑張り屋さんだが、見栄っ張りでおっちょこちょいなところがある。
ブレることなく外科医を目指し、日々勉強中。
目標「一日も早く一人前の医者になる!」

 

川村蒼(かわむら・そう)(25)…野村周平

研修医1年目。東京生まれ東京育ちで、八王子にある総合病院の次男である。
医師一家の息子で、過保護な両親に“将来は医師になるように“と育てられ、超優秀な兄に対してコンプレックスを抱く。
お坊ちゃんなので、庶民の苦労が分からない。
目標「地域に根付いた医療を目指す」

 

中園くるみ(なかぞの・くるみ)(24)…恒松祐里

研修医1年目。生まれも育ちも足立区。
幼いころに両親が離婚し、母と二人三脚で暮らしてきた。
貧困な生活を経験したので、「金がすべてだ」「強くなくては、生きていけない」と思っている。
学生時代、学費を稼ぐために、銀座のクラブでアルバイトをしていた事もあり、年上の男性との付き合いが上手い。
目標「手先が器用で外科医を目指しています。私失敗しないので。」

 

ほか

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/nakuna_doctor/cast/

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/nakuna_doctor/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ナイトドラマ泣くな研修医に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ