今ここにある危機とぼくの好感度について ネタバレあらすじ第5話(最終回)とキャスト

今ここにある危機とぼくの好感度について

ネタバレあらすじ第5話(最終回)とキャスト
2021年04月24日(土)スタート[全5回]
毎週土曜 夜9時00分~10時13分
【NHK総合】5月29日 第5話(最終回)放送予定
公式サイト

松坂桃李 主演

翻弄される大学の広報マン。
名門大学で次々と起こる不祥事!

主人公は大学の広報マン(松坂桃李)。次々に巻き起こる不祥事に振り回され、その場しのぎで逃げ切ろうとして追い込まれていく。その姿をブラックな笑いとともに描きながら、現代社会が抱える矛盾と、そこに生きる人々の悲哀に迫る。

 

Sponsored Links

 

脚本
渡辺 あや(わたなべ あや)・1970年2月18日生まれ。
・兵庫県西宮市出身。
・甲南女子大学卒業。
・脚本家。
2003年、『ジョゼと虎と魚たち』で脚本家デビューを果たす。
2011年、NHK連続テレビ小説『カーネーション』で初めて連続ドラマの脚本を担当する。

主な作品
メゾン・ド・ヒミコ』2021年11月30日 23:59まで配信
ノーボーイズ,ノークライ』2021年11月30日 23:59まで配信
天然コケッコー』2021年11月30日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第5話(最終回)

謎の虫刺されが命にも関わると知らされた真(松坂桃李)の元に、みのり(鈴木杏)が励ましの電話をかけてくる。

勇気を得た真は、被害の原因が帝都大の施設から流出した蚊だということを三芳総長(松重豊)に報告し、理事たちによる隠ぺいの事実を暴こうとする。

 

だが須田理事(國村隼)を始めとする次世代博覧会の関係者たちは、予定地周辺で謎の蚊による健康被害が起きている事実を認めようとしない。

 

そこで真はある奇策に出る。

 

土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

神崎真……松坂桃李

帝都大学の広報課に中途採用された元イケメンアナウンサー。
学生時代の恩師・三芳総長からじきじきに呼ばれた。好感度維持を第一に考え、意味のあることを何一つ言わず決して炎上させないという処世術に長けている。

 

木嶋みのり……鈴木杏

帝都大学生命科学センターで働くポスドク(非正規の研究員)。
真の大学時代の元カノだが、真は彼女のことをほとんど覚えていない。スター教授・岸谷の論文不正を見過ごせず、内部告発する。

 

石田課長……渡辺いっけい

真が働く帝都大学広報課の課長。
真と同じ転職組。事なかれ主義で正論を心から憎み、室田教授の演説は半目になって聞き流す。

 

ほか


出典:https://www.nhk.jp/p/ts/J94YJZG3V6/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ドラマ今ここにある危機とぼくの好感度についてに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ