金田一少年の事件簿 第5シーズン ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

金田一少年の事件簿

ネタバレ あらすじ 第3話とキャストや相関図
2022年04月24日(日)スタート
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】5月22日 第3話 放送予定
公式サイト

主演・道枝駿佑

謎解きミステリードラマの金字塔

呪い、祟り、怪奇・・
その影にうごめく“人間”を暴き出せ。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

天樹征丸 金成陽三郎  漫画:さとうふみや「金田一少年の事件簿」(講談社)  

金田一少年の事件簿File(1) (講談社漫画文庫)

金田一少年の事件簿File(1) (講談社漫画文庫)

さとう ふみや
1,220円(02/28 06:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

川邊優子 大石哲也

川邊 優子(かわべ ゆうこ)・1981年4月28日生まれ。
・神奈川県横浜市出身。
・脚本家、構成作家。
・オフィスクレッシェンド所属。

 

大石 哲也(おおいし てつや)・1968年生まれ。
・福岡県出身。
・福岡大学卒業。
・脚本家。
1994年、オリジナルビデオ『ひき逃げファミリー2』で脚本デビュー。

 

主題歌

なにわ男子「The Answer」(ジェイ・ストーム)  

The Answer / サチアレ (初回限定盤1) (CD+BD)

The Answer / サチアレ (初回限定盤1) (CD+BD)

なにわ男子
1,180円(02/28 06:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

あらすじ 第3話

「白蛇蔵殺人事件」

家族で旅行中の一〈はじめ〉(道枝駿佑)と美雪(上白石萌歌)は、とある殺人事件の犯人を追う剣持警部(沢村一樹)と遭遇する。

訪れた白蛇村は、旅館の女将、鏡花(りょう)によると、白い蛇を神様の使いとして崇めているという。

 

合流した3人は、怪しげに顔をマスクで隠した男が隣接する酒造に入っていくのを目撃する。

そこは白神家が代々営む造り酒屋『白蛇酒造』で、今は音松(小野武彦)が社長として酒蔵を守っていた。

 

男はその家の二男、蓮月といい、5年前の火事により行方不明だったものの、失った記憶が戻り2か月前に帰宅。

火事の後遺症で顔や声は変わったが、DNA鑑定で血縁関係は証明済みらしい。

身元がはっきりした事で、とりあえず引き下がった一〈はじめ〉達は、杜氏見習いの鷺森(岡山天音)の案内で、職人の黒鷹(寺島進)達が作業する酒蔵を見学することに。

 

しかし、その先で樽の中に浮かぶ蓮月の死体を発見して…。

殺されたとみられる時間に唯一蔵の中にいた長男の左紺(吉田悟郎)が疑われるも、その姿は消え、次なる悲劇が…!

 

「白蛇様の天罰だ!」次々と息子を失い取り乱す音松。

事件の謎を探る一〈はじめ〉だったが、そこには愛憎渦巻く白神家一族の真実が隠されていた…。

 

日曜ドラマ「金田一少年の事件簿 第5シーズン」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

金田一 一(きんだいち はじめ)
……道枝駿佑(なにわ男子)

名探偵・金田一耕助を祖父に持ち、難解な謎に満ちた殺人事件をIQ180越えの頭脳で解き明かす天才高校生探偵。
普段はトホホな男子高生だが、事件が起こると幼馴染の七瀬美雪、警視庁捜査一課の剣持警部とともに、大胆で緻密なトリックを暴き出し、犯人達の哀しい動機に迫っていく。

 

七瀬 美雪(ななせ みゆき)
……上白石萌歌

成績優秀で生徒会長を務めるなど、学園きっての優等生で、主人公・一の幼馴染。
一と共に様々な事件に巻き込まれる。一に好意を抱いているが…

 

佐木 竜太(さき りゅうた)
……岩﨑大昇(美 少年/ジャニーズJr.)

不動高校の1年生でミステリー研究会に所属。
動画撮影が趣味で、一や美雪のそばで事件の行方を共に見守る頼れる後輩。

 

剣持 勇(けんもち いさむ)
……沢村一樹

警視庁捜査一課の警部。
一の能力を目の当たりにし、良き理解者になる。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/kindaichi2022/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ntv.co.jp/kindaichi2022/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜ドラマ金田一少年の事件簿 第5シーズンに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ