自由な女神-バックステージ・イン・ニューヨーク- ネタバレあらすじ第4話(最終回)とキャストや相関図など

自由な女神
バックステージ・イン・ニューヨーク

ネタバレあらすじ第4話(最終回)とキャスト
2023年03月04日(土)スタート[全4話](予定)
毎週土曜 夜11時40分~深夜0時35分
【フジテレビ系】3月25日 第4話(最終回) 放送予定
#4 3月25日 24:10~放送 ※時間変更の可能性あり
公式サイト

主演・井桁弘恵

三角関係あり、
ファッションありの、
ちょっとディープな上京物語。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

オーツカヒロキ「バックステージ・イン・ニューヨーク」(forcs 刊)  

バックステージ・イン・ニューヨーク(1) バックステージ・イン・ニューヨーク (.FiZZ)

バックステージ・イン・ニューヨーク(1) バックステージ・イン・ニューヨーク (.FiZZ)

オーツカヒロキ
165円(02/26 19:13時点)
発売日: 2020/04/10
Amazonの情報を掲載しています

 

紙コミックス(上)  

バックステージ・イン・ニューヨーク 上 (viviON THOTH COMICS)

バックステージ・イン・ニューヨーク 上 (viviON THOTH COMICS)

オーツカヒロキ
799円(02/26 19:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

紙コミックス(下)  

バックステージ・イン・ニューヨーク 下 (viviON THOTH COMICS)

バックステージ・イン・ニューヨーク 下 (viviON THOTH COMICS)

オーツカヒロキ
799円(02/26 19:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

櫻井智也、下田悠子

櫻井 智也(さくらい ともなり)・1973年6月20日生まれ。
・千葉県出身。
・劇作家、脚本家、演出家、構成作家、俳優。
劇団「MCR」 、ユニット「ドリルチョコレート」主宰者。

主な作品
・顔だけ先生

・相棒 season21

 

下田 悠子(しもだ ゆうこ)・1987年9月9日生まれ。
・東京都出身。
・慶應義塾大学を経て、映画美学校脚本コース第4期高等科修了。
・脚本家、放送作家。
2016年、FOD配信ドラマ『SHIBUYA零丁目』にてデビュー。

主な作品
・ピーナッツバターサンドウィッチ

・メンタル強め美女白川さん

「広告」

※本ページの動画情報は2023年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

ALI「LONELY LONELY」(ソニーミュージック・レーベルズ)

 

あらすじ 第4話(最終回)

サチ(井桁弘恵)たちを集めたクールミント(武田真治)が、おもむろに誘拐の計画を語り出す。

相手は、かつて自分を捨てた母親だから大丈夫と言うが…。

真意を図りかねるサチだったが、妙案を思いつき、母親・さやか(宮崎美子)とミントを再会させることに成功。

 

ほっとしたのもつかの間、さやかの現在の夫・源次郎(堀内正美)の発言で、事態は思わぬ方向へ動き出す――。

ミントが店を閉めてドラァグクイーンも引退しようとしているのでは…と憶測も飛びかう中、ミントを心配するサチと今後の人生を考え始めたケン(古川雄輝)との間にも距離が生まれて…。

 

クールミントが選ぶ道は?そしてサチたちの三角関係の行方は?

夢と希望あふれる最終回!!

 

土ドラ「自由な女神-バックステージ・イン・ニューヨーク-」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

サチ / 渡辺幸(わたなべ さち)〈25〉
……井桁弘恵

地元の工務店で働く女性。
クールミントとの出会いを契機に、上京してファッションデザインの勉強を始める。

 

クールミント / 成田透(なりた とおる)〈45〉
……武田真治

ドラァグクイーン。クラブ「リトルニューヨーク」の経営者。
ショーで使う服を探していた時にサチと出会い、彼女の運命を大きく変える契機を与える。

 

ほか

出典:https://www.tokai-tv.com/jiyuunamegami/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tokai-tv.com/jiyuunamegami/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土ドラ「自由な女神-バックステージ・イン・ニューヨーク-」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ