NHK連続テレビ小説 べっぴんさん あらすじ 24週(3月13日~3月18日)

べっぴんさん 24週「光の射す方へ」

NHK朝ドラ〈べっぴんさん〉
公式サイト

光の射す方向とは、すみれたちはキアリスで
培った子育てに関する知識を次世代に残したいと
映画を撮ることに!

 

舞台は昭和初期からスタート。

戦争が終わると財産は没収。
生きるために子供服を作るようになり、
やがては子供服メーカーの創業にいたった一人の女性の激動の人生

 

Sponsored Links

 

:渡辺千穂

語り:菅野美穂

主題歌:「ヒカリノアトリエ」Mr.Children

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒカリノアトリエ [ Mr.Children ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)

 

 

 

タイトルは、「美人」を表す「べっぴん」と、
「特別によい品物」を表す「別品」の2つの意味。

今回のすみれ(芳根京子)の実在のモデルは
ファミリア創設者の坂野惇子(ばんのあつこ)さんですが、
脚本家・渡辺千穂のオリジナル作品。

べっぴんさんのロケ地は神戸や大阪がメインです。

 

あらすじ 24週(3月13日~3月18日)

3月13日(月)第134回
不景気のあおりを受け、紀夫(永山絢斗)は経営の縮小を考えるが、健太郎(古川雄輝)は納得できない。そんな中すみれ(芳根京子)は、キアリスの知恵をつめこんだ冊子『キアリスガイド』の映画化を提案する。

3月14日(火)第135回
自費で『キアリスガイド』を映画化すると決めたすみれたちに、龍一(森永悠希)は知り合いのカメラマン亀田(上地雄輔)を紹介。紀夫が監督、明美(谷村美月)は脚本など、役割分担を決め、撮影に向け動き出す。

3月15日(水)第136回
映画の撮影が始まり、監督の紀夫は張り切るも、空回りしてしまう。一方、潔(高良健吾)は、オライオンで紳士服を復活させることを考え始める。

3月16日(木)第137回
潔は大島(伊武雅刀)に願い出て、大急にオライオンの紳士服売り場を設けてもらう。小山(夙川アトム)から話題を呼ぶ仕掛けを考えるよう言われ、ゆり(蓮佛美沙子)に相談する。

3月17日(金)第138回
ゆりの提案で、オライオンでは「男の着こなし講座」を開催。潔は講師を栄輔(松下優也)に頼む。

3月18日(土)第139回
キアリスでは、映画の完成披露試写会が開かれる。映画を見終わったすみれは、みんなの前でキアリスへの思いを語る。数日後、すみれたちは潔から驚くべき提案を受けて―――。

 

キャスト

芳根京子 生瀬勝久 菅野美穂 蓮佛美沙子 高良健吾 名倉潤 谷村美月 百田夏菜子 土村芳 市村正親 中村玉緒 ほか

相関図第15週~(画像の上でクリックすると拡大します)

べっぴんさん-相関図第15週~

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ