NHK連続テレビ小説 べっぴんさん あらすじ「エバーグリーン」最終週(3月27日~4月1日)

べっぴんさん 最終週「エバーグリーン」

NHK朝ドラ〈べっぴんさん〉

最終週まで一気でしたね。

すみれには孫までデキちゃってね。
夢のような三世代、羨ましい。

女性が生きるために子供服を作るようになり、
気がつけば結婚、子育て、仕事と全てを切り盛り
する姿に感動しました。

現在の世の中は、何でも充実してるように見えるのは
私だけでしょうか。

どうして、今の若者は結婚に積極でないのか。
少子化問題をどう捉えているのか。
自分たちの将来を見直してほしい。

そんな警鐘のようなものを感じさせてくれた
「朝ドラ・べっぴんさん」だったのでは。

公式サイト

舞台は昭和初期からスタート。

戦争が終わると財産は没収。
生きるために子供服を作るようになり、
やがては子供服メーカーの創業にいたった一人の女性の激動の人生

 

Sponsored Links

 

:渡辺千穂

語り:菅野美穂

主題歌:「ヒカリノアトリエ」Mr.Children

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒカリノアトリエ [ Mr.Children ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)

 

 

タイトルは、「美人」を表す「べっぴん」と、
「特別によい品物」を表す「別品」の2つの意味。

今回のすみれ(芳根京子)の実在のモデルは
ファミリア創設者の坂野惇子(ばんのあつこ)さんですが、
脚本家・渡辺千穂のオリジナル作品。

べっぴんさんのロケ地は神戸や大阪がメインです。

キャスト

坂東すみれ…芳根京子
会社を経営する裕福な坂東家の次女。おっとりしているが、やると決めたら貫く心(しん)の強い性格。太平洋戦争のさなかに結婚・出産するが、戦後は財産を全て失ってしまう。得意の洋裁の腕を生かして子供服作りをしながら、出征から帰らない夫を待つ。

坂東五十八…生瀬勝久
すみれ、ゆりの父。近江商人の家の次男に生まれる。故郷を離れて大阪で繊維会社「坂東営業部」を設立し、大きな利益を上げる。合理的で新しいものが好きで、「よき相棒を作れ」「初志貫徹」という商売の哲学は、すみれに受け継がれていく。

坂東はな…菅野美穂
すみれ、ゆりの母。体は弱いが、強い心を持った女性。娘たちの性格を本人以上に理解し、いつも家の中を明るくする。手先が器用で、刺しゅうが得意。

野上潔…高良健吾
すみれの幼なじみ。「坂東営業部」の番頭役・野上正蔵のひとり息子で、幼いころから豪快で頼れる兄貴的存在。生涯にわたってすみれを支え続ける。

坂東ゆり…蓮佛美沙子
すみれの姉。成績優秀、運動も得意で、自分の考えをはっきりと言葉にできる強さを持つ。戦争や出産、子育てを経て母性に目覚め、仕事と家庭の両立に苦労するすみれの大きな支えとなっていく。

麻田茂男…市村正親
神戸の靴店「あさや」の店主で、坂東家出入りの靴職人。腕が良く、実直で顧客からの信頼も厚い。戦後、すみれたちの商売の第一歩を後押しする。

坂東トク子…中村玉緒
五十八の母ですみれとゆりの祖母。度量が大きく、優しい。跡継ぎである長男に事業を譲り、故郷を離れた次男の五十八に負い目がある。戦中、疎開することになったすみれたちを温かく迎え入れる。

 

あらすじ 26週(3月27日~4月1日)

3月27日(月)第146回
塾に通い始めた孫の藍(渡邉このみ)が、春休みの間すみれ(芳根京子)の家で暮らすことに。ある日、藍が図書館から借りてきた本に1枚の写真が挟まっていることがわかる。

3月28日(火)第147回
アメリカからキアリス宛に一通の手紙が届く。そこには懐かし人物の名前があり、すみれたちは当時の出来事に思いをはせる。

3月29日(水)第148回
藍は紀夫(永山絢斗)からもらったカメラを分解してしまう。何を考えているのかわからない藍に戸惑うすみれたち。さらに藍が塾を3日間も欠席していることが判明する。

3月30日(木)第149回
塾に行かず、夜遅くまで帰らなかった藍に、すみれは自分の子供時代の話をする。それを聞いた藍は、自分のほんとうの気持ちを話し始める。

3月31日(金)第150回
藍に写真を撮ってもらったすみれたち。良子(百田夏菜子)の提案で、お礼に4人で手作りの写真ケースをプレゼントすることに。

4月1日(土)第151回
キアリスの35周年記念パーティーに参加したあと、すみれたちはリレビィへ。さくら(井頭愛海)は栄輔(松下優也)にあるものを渡す。そしてある日、すみれは紀夫たちと一緒に高台に出かけ・・・・・。

 

相関図第21週~(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ