マチ工場のオンナ あらすじ 第6話・第7話(最終回)とキャストや相関図

マチ工場のオンナ

2017年11月24日(金)スタート[連続7回]
毎週金曜 夜10時00分~10時50分
【NHK総合】12月29日 第6話 放送予定
※12月29日 第7話(最終回) 夜10時55分~11時45分
公式サイト

32歳の専業主婦が、

父の残した町工場の社長に!

経験ゼロの社長業に、主婦目線の現実処理能力と決断力で奮闘する
「サバイバルヒューマンドラマ」

舞台は、名古屋郊外の町工場「ダリア精機」です。

Sponsored Links


原作:諏訪貴子「町工場の娘」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

町工場の娘ー主婦から社長になった2代目の10年戦争 [ 諏訪貴子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/11/4時点)

 

 

脚本:大島里美
(大河ドラマ「花燃ゆ」、ドラマ10「四十九日のレシピ」、土曜ドラマ「太陽の罠」など)

主題歌:松田聖子「新しい明日」
※発売日:2017年11月15日

 

 

あらすじ 第6話

「さよならダリア精機」

リーマンショックの波が瞬く間に押し寄せ、ダリア精機の受注は大幅に減る。大口客の名古屋オートモーティブから発注も断られ、ついに仕事が無くなる。

社員に給与を払うため、光(内山理名)は、空き倉庫を貸し出すレンタル業を始めるが焼け石に水だった。

融資を進めた長谷川(村上淳)の立場も銀行内で悪化し、異動させられてしまう。

大(永井大)との別居も続いていた。そして追い込まれた光は、究極の選択を迫られる。

 

あらすじ 第7話

「新しい明日」

社員の多くがダリア精機を離れ、残った数人がわずかな仕事をこなす日々。

光(内山理名)は必死に営業に回るが、業績回復の兆しは見えず、銀行への返済の見通しも立たない。

周囲の町工場が相次いで廃業していく中、光はとうとう最後の決断を下す。

ダリア精機の運命は?

 

キャスト

有元 光(ひかる)…内山理名
須藤家の一人娘。幼くして亡くなった兄の代わりに、父・泰造から男の子のように育てられた。

有元大…永井大
光の夫。自動車部品メーカーに勤務している。

有元 航太(こうた)…山田羽久利
光と大の息子。

花田 純三…柳沢慎吾
ダリア精機のベテラン職人。会社の創業時からのメンバー。

一ノ瀬 翔…吉村界人
ダリア精機の若手職人。金髪がトレードマーク。

川口 大樹…渡辺佑太朗
ダリア精機の若手職人。技術系の高専出身で、おとなしい。パソコンが得意。

長谷川 隆史…村上淳
愛知東西銀行の銀行員。

打越 和哉…忍成修吾
ダリア精機の経理担当社員。元は銀行員だった。

三枝 文雄…苅谷俊介
ダリア精機の社長付きの運転手。

勝俣 勉…竹中直人
ダリア精機のベテラン職人。泰造・純三と会社を創業、技術の腕は会社で随一。

須藤 百合子…市毛良枝
泰造の妻。常に穏やか、ちょっと天然っぽいところも。

須藤 泰造(たいぞう)…舘ひろし
町工場・ダリア精機の社長。 ワンマンだが、社員を家族のように大事にしている。

 

ほか

 

相関図(マウスポインターが上にくると画像が拡大します)


 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ