ドラマ10「大奥」Season2 ネタバレあらすじ医療編・第11話とキャストなど

大奥 Season2

2023年10月03日(火)スタート
毎週火曜 夜10時00分~10時45分
【NHK総合】10月3日 医療編・第11話 放送予定
公式サイト

平賀源内・鈴木杏

これは闇に葬られたこの国のまことの姿

 

【スポンサーリンク】

 

原作

よしながふみ 「大奥」

大奥 1 (ジェッツコミックス)

大奥 1 (ジェッツコミックス)

よしながふみ
748円(06/19 11:37時点)
発売日: 2005/09/29
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

森下 佳子(もりした よしこ)・1971年1月24日生まれ。
・大阪府高槻市出身。
・東京大学文学部宗教学科卒業。
・脚本家。

主な作品
・義母と娘の間のフェルマータ

・大河への道

「広告」

※本ページの動画情報は2023年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

Aimer 「白色蜉蝣(しろいろかげろう)」

 

あらすじ 医療編・第11話

「この国から赤面を駆逐してほしい」

8代・吉宗公の薨去(こうきょ)よりおよそ20年の年月が流れ―平賀源内(鈴木杏)は、長崎・出島で蘭学の習得者探しに奔走していた。

それは亡き吉宗公より「赤面疱瘡」の撲滅を託された田沼意次(松下奈緒)からの内命であった。

 

源内はそこで蘭方医・吾作(村雨辰剛)と出会い、赤面疱瘡の解明に挑むため大奥入りを誘う。

大奥入りを果たした吾作は名を青沼と改め、黒木(玉置玲央)の補佐のもと蘭学の講義を始めていくが…

 

ドラマ10「大奥」Season2 公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

平賀 源内(ひらが げんない)
……鈴木杏

新進気鋭の本草学者。
本草の研究、博物の学問のほか、読本作家なども手がける奇才。 弟が赤面疱瘡で亡くなったことをきっかけに、武家の跡を継がずに男装して遊学する。慕っている田沼意次の命によって青沼を大奥へと誘い、ともに赤面疱瘡の解明に動く。
「Season1」サプライズ出演時の役名は旅人。

 

黒木(くろき)
……玉置玲央

お三の間の奉公だったが、右筆助となり青沼の補佐をすることに。
無表情で無骨だが律儀で穏健。町医者の父の影響で医者も蘭学も嫌っていたが、青沼の真摯な姿を見て、次第に赤面疱瘡の研究に取り組む。

 

青沼(あおぬま)
……村雨辰剛

オランダ人と丸山遊女の間に生まれ、長崎で育つ。
大通詞であり蘭方医の吉雄耕牛に師事する。思慮深く実直な蘭方医。蘭語や蘭学に精通していることから平賀源内に見込まれ、御右筆として大奥入りし、蘭方医学の講義をするかたわら赤面疱瘡撲滅を目指す。
「Season1」サプライズ出演時の役名は謎の男で、危篤になった吉宗が夢の中でその姿を幻視する。

 

ほか

 

画像の上でクリックすると拡大します

出典:https://www.nhk.jp/p/oooku/ts/PKYJ66Q8JP/

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.nhk.jp/p/oooku/ts/PKYJ66Q8JP/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ10「大奥」Season2に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ