刑事7人 あらすじ 第1話とキャストなど

刑事7人

2018年07月11日(水)スタート
毎週水曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】7月11日 第1話 放送予定
※初回15分拡大
公式サイト

新メンバーに田辺誠一白洲迅
「刑事資料係」に眠る超凶悪犯罪に
新生・刑事7人が挑む!!

さらにパワーアップ。天樹が配属されている刑事資料係の資料室に眠る凶悪な迷宮入り事件を解決すべく、新生“刑事7人”が再び立ち上がる。

Sponsored Links


脚本:寺田敏雄

 

あらすじ 第1話

仲間の裏切りという衝撃的な事件の終末から1年後。 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係に飛ばされた天樹悠(東山紀之)は、新調した老眼鏡を掛けながらノートパソコンに過去の捜査資料をデータベース化するための作業に打ち込んでいた。

そこへ部下の野々村拓海(白洲迅)が現れ、9係の警部補に頼まれた過去の捜査資料が収められた場所を捜索する。その野々村に天樹は迷いなく棚の位置を教え、さらに類似事件の未解決事件の資料の場所をも提示。野々村は「さすが人間データバンク」と感心しきりだ。

そんな中、のんびりと“資料係長”の札が立つデスクについた片桐正敏(吉田鋼太郎)は、天樹に「もう来た? 朝一番に来るって言ってたんだけど、あいつら」と語りかける。

「あいつら?」と尋ねる天樹の声に追いつくように資料係を訪問したのは、水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)。

2人はそれぞれにこの1年、監察官と交番勤務に配属されていたが、片桐からの突然の呼び出しによって12係の刑事に戻っていたのだ。

環と青山が来たのは、昨日朝に起きた事件について調べるため。7年の刑期を終えた松原祐二という元服役囚が、出所直後に保護司を暴行して逃走。2人は7年前の松原に関する捜査資料を基に、潜伏先を特定する手掛かりを得ようとしていた。

矢先、環や青山の上司でもある12係主任・海老沢芳樹(田辺誠一)が資料係を訪れる。7年も前の捜査記録を調べて何になるんだと言い放つ海老沢は、そのまま天樹のことも冷徹に見据える。

環らに資料のコピーを渡して通常業務に戻る天樹と拓海だが、刑事の習性が抜けきらない天樹は、この事件についての彼なりの疑問を感じてゆくことに…。

 

キャスト

天樹 悠(あまぎ・ゆう)…東山 紀之
警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係。

海老沢 芳樹(えびさわ・よしき)…田辺 誠一
警視庁刑事部 捜査一課12係主任。

水田 環(みずた・たまき)…倉科 カナ
警視庁刑事部 捜査一課 12係刑事。

野々村 拓海(ののむら・たくみ)…白洲 迅
警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係。

青山 新(あおやま・あらた)…塚本 高史
警視庁刑事部 捜査一課 12係刑事。

片桐 正敏(かたぎり・まさとし)…吉田 鋼太郎
警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係長。

堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう)…北大路 欣也
東都大学医学部 法医学教室教授。天樹の義父。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ