デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 ネタバレあらすじ前編とキャストなど

デフ・ヴォイス
法廷の手話通訳士

2023年12月16日(土)スタート[全2話](予定)
毎週土曜 夜10時00分~10時50分
【NHK総合】12月16日 前編 放送予定
公式サイト

主演・草彅剛

仕事と結婚に失敗した荒井尚人。
あなたは、私たちの味方? それとも敵?
現在と過去、二つの事件の謎が複雑に絡みはじめる…

 

【スポンサーリンク】

 

原作

丸山正樹「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」(文春文庫)

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)

丸山正樹
800円(03/04 20:48時点)
発売日: 2015/08/10
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

高橋 美幸(たかはし みゆき)・1963年生まれ。
・静岡県出身。
・立正大学文学部卒業。
・脚本家。

主な作品
・町医者ジャンボ!!

・百合の雨音

「広告」

※本ページの動画情報は2023年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

音楽

原 摩利彦(はら まりひこ)・1983年生まれ。
・大阪府出身、京都府在住。
・京都大学教育学部卒業。
・音楽家。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 前編

「記憶の中の少女」

荒井尚人(草彅剛)は、コーダであることに複雑な感情を抱えながら生きていた。

しかし、交際する安斉みゆき(松本若菜)との将来を考え、手話通訳士の道を選ぶ。

 

そんな尚人のもとを刑事の何森稔(遠藤憲一)が訪れ、殺人事件について尋ねる。

その事件は17年前に尚人が手話通訳を担当した、決して忘れることのできない事件と関係していた。

再び法廷での手話通訳を決意した尚人は、手塚瑠美(橋本愛)からの仕事依頼をきっかけに…

 

土曜日ドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

荒井尚人
……草彅剛

ろう者の両親の間に生まれた聴こえる子供、コーダ(Children of Deaf Adults)。
ある事件をきっかけに、手話通訳することをためらうように。アルバイトを転々とする無為な日々を送っていたが、みゆき(松本若菜)たちとの生活を考え、手話通訳士を志す。

 

手塚瑠美
……橋本愛

ろう者支援活動のNPO団体「フェロウシップ」の代表。
法廷で手話通訳を行っていた尚人を見て、手話通訳士の専属契約を依頼する。

 

ほか

 

画像の上でクリックすると拡大します

出典:https://www.nhk.jp/p/ts/D6P3JWP8J7/

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://twitter.com/nhk_dramas/status/1735857279117779362

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜日ドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」に関して前編・後編の情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ