ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」 ネタバレ あらすじ 第7話(最終回)とキャストや相関図

僕の初恋をキミに捧ぐ

ネタバレ あらすじ 第7話(最終回)とキャストや相関図
2019年01月19日(土)スタート
毎週土曜 夜11時15分~深夜0時15分
【テレビ朝日系】3月2日 第7話 放送予定
公式サイト

野村周平桜井日奈子

最強の純愛ストーリー

800万人が泣いた青木琴美の

最強純愛コミックを初ドラマ化!

 

この記事ではあらすじ、放送日、出演者、主題歌、などドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に
関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

ドラマ概要

重い心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告された主人公・垣野内逞を野村周平が、そんな逞をいちずに思い続ける幼なじみの種田繭を桜井日奈子が演じます。

幼い頃から互いに思い合い、交わした約束を守ろうと真っすぐに生きる2人と周囲の人々が織り成す、最強の純愛ストーリー。

Sponsored Links
原作

青木琴美『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館・刊)

 

脚本
尾崎 将也(おざき まさや)・1960年4月17日生まれ。
・兵庫県西宮市出身。
・関西学院大学文学部を卒業。
・脚本家、映画監督。

代表作
アットホーム・ダッド』2019年3月19日 23:59まで配信

結婚できない男』2019年3月26日 23:59まで配信

特命係長 只野仁』2019年3月31日 23:59まで配信

白い春』2019年5月10日 23:59まで配信

『梅ちゃん先生』
など

※本ページの動画情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

主題歌

DEAN FUJIOKA 「Maybe Tomorrow」(A-Sketch)

 

あらすじ 第7話(最終回)

突然、心臓移植が受けられることになった逞(野村周平)。

繭(桜井日奈子)は安堵と喜びを覚えるが、心臓の提供者は脳死状態に陥った昂(宮沢氷魚)だった。

逞の病気をよく分かっていた昂は、自分に万一のことが起きた場合に備え、ドナーカードを書いていたのだ。

それを知ってしまい、複雑な思いにかられる逞。

移植手術を拒否すると書いた手紙を残し、病院から姿を消してしまう。

さらに昂の母親も、臓器提供を取りやめると言い出し…。

 

絶望する逞の母・えみ(石田ひかり)に、繭は「逞の居場所がわかるのは私だけです」と夜の街へひとりで飛び出し、逞の姿を捜し求める。

逞は、幼い頃ふたりで一緒に流れ星を見た公園にいた。

その思い出の場所で、心からの幸せを感じる逞と繭。

ふたりは一夜を共に過ごし、真剣に自分たちのこれからについて語り合う。

 

翌朝、病院に戻った二人は、移植手術ではなく、前例が数件しかない新しい治療法に挑戦したいと両親を前に話す。

父・寛貴(児嶋一哉)と母・えみ、そして主治医で繭の父・穣(生瀬勝久)、母・陵子(真飛聖)はそれぞれの考えをぶつけあう。

逞と繭、家族は未来を信じて決断を下すが…。

出典元:https://www.tv-asahi.co.jp/bokukimi/story/0007/

 

キャスト

垣野内逞(かきのうち たくま) ………野村周平

心臓病を患っており、幼い頃から入退院を繰り返している。

幼なじみの繭とは幼い頃に結婚の約束をするが、その後、自分が20歳まで生きられないと知り、繭を悲しませないために距離を置くことを決意。通学に時間のかかる進学高校に入学する。病気で貧弱に見られたくないため、ファッションや髪型なども気を使っている。運動神経は良いものの、激しい運動をすると発作が起きる危険性がある。

種田繭(たねだ まゆ) ………桜井日奈子

逞の主治医の娘。

逞のことを一途に想い続けてきた。また、子供の頃から病気の逞を守ろうと一生懸命。困難なことも、最後まで諦めない努力家。逞が20歳まで生きられないと知って以来、何とかして逞の病気を治せないかと方法を探し続けている。逞を追いかけて猛勉強し、同じ進学校に入学する。両親が仕事で忙しく、家では一人でいることが多い。弓道部に入部する。

鈴谷昂(すずや こう) ………宮沢氷魚

逞と繭が通う紫堂高校の先輩で生徒会長。

人気者で“オレ様”的なところも…。女子生徒からは「昂サマ」と呼ばれている。入学式で新入生代表の挨拶をする繭を見て気に入り、アプローチする。繭のことは「姫」と呼ぶ。実は父親を逞と同じ心臓病で亡くしている。時に逞に厳しい事も言うが、兄貴分な面もある。繭が悲しまないように心配している。

鈴谷律(すずや りつ) ………佐藤寛太

逞と繭の同級生で、昂の弟。

逞とは入学式で話して以来、仲良しになる。逞と繭のギクシャクした関係を見ていて放っておけなくなり、「いっそ友達になれ!」と提案。その後も2人の関係を応援していく。ナンパな態度をとる兄に冷ややかな対応をする事も…。真面目で世話焼きな性格。

上原照(うえはら てる) ………馬場ふみか

逞と同じ心臓病の患者で、逞の入院中の友達。

逞のことが好き。逞より病状は軽いが検査入院していて繭が怪我で病院に運ばれた際に、付き添いで来た逞と再会する。

五十嵐優実(いがらし ゆみ) ………松井愛莉

逞と繭の先輩で、昂の同級生。

クールな一面もあり、昂とはつかず離れずの友人関係を築いているが、実は昂が好き。昂に気に入られている繭の存在が気になっている。

田村結子(たむら ゆいこ) ………矢作穂香

逞と繭の同級生。

繭とは弓道部で仲良くなり、やがて親友に。逞との関係で悩む繭の話を根気よく聞く。優しく友達思いで頼りになるが、天然な一面も。

神尾耕太郎(かみお こうたろう) ………岐洲匠

逞と繭の先輩で、昂の同級生で仲良し。

生徒会メンバー。弓道部の部長で人気者。

生田成美(いくた なるみ) ………富田健太郎

逞と繭の先輩で、昂の同級生で仲良し。

生徒会メンバー。明るい性格の人気者。

野村聡美(のむら さとみ) ………福本莉子

逞と繭の同級生で、繭と同じ弓道部に所属している。

繭、結子と仲良しになる。

向井早苗(むかい さなえ) ………是永瞳

繭の父・種田医師と同じ病院で働いている看護師。

医師たちのサポートはもちろん、入院患者とのコミュニケーションも大切にしている。

種田陵子(たねだ りょうこ) ………真飛聖

繭の母。

キャリアウーマンで海外出張も多く、あまり家にいないが、娘の事は気にかけている。繭の恋愛は基本的に応援するが、心配もしている。

垣野内寛貴(かきのうち ひろたか) ………児嶋一哉

逞の父。

残された時間が少ない逞に、やりたいことをやらせてあげたいと考えている。息子の病状に一喜一憂するえみの事も支えながら、優しく家族を守ろうとしている。

垣野内えみ(かきのうち えみ) ………石田ひかり

逞の母。

逞の事を思うあまり、時として過保護になってしまったり、周囲に対して攻撃的になってしまったりすることも。幼い頃から繭のために無理をする逞を見てきているため、繭との関係を不安に思っている。

種田穣(たねだ みのる) ………生瀬勝久

繭の父。

国内有数の心臓外科医で、逞の主治医。
幼い頃から逞の事を診てきたため、逞やその家族の事をよく分かっている。逞と娘である繭の関係について悩むこともあるが、2人のことを信じて冷静に見守る。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

「僕の初恋をキミに捧ぐ」公式サイトより

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ