恐怖新聞 ネタバレあらすじ第7話(最終回)とキャストや相関図

恐怖新聞

ネタバレあらすじ第7話(最終回)とキャストや相関図
2020年08月29日(土)スタート[全7回]
毎週土曜 夜11時40分~深夜0時35分
【フジテレビ系】10月10日 第7話(最終回) 放送予定
公式サイト

オトナの土ドラ初のホラー。
描かれるのは、極限の恐怖。

あなたの元に“恐怖新聞”が届くのは、
今夜かもしれない…

 

京都市内の大学に通う主人公の女子大生・小野田詩弦は、念願の一人暮らしを始めた途端、読むと寿命が縮む“恐怖新聞”が届くようになり、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こっていく恐ろしい日々が描かれていく物語です。

恐怖新聞の存在を知ることにより、独自の思惑で動きだす詩弦の母・小野田歌子。乞うご期待!!

 

Sponsored Links

 

原作

つのだじろう 『恐怖新聞』
  

 

脚本
高山 直也(たかやま なおや)・1991年生まれ。
・東京都出身。
・脚本家。
大学在学中に演出家・蜷川幸雄氏を師事。
おもにサスペンス作品、ホラー作品を手がける事が多い。
株式会社ディプレックス所属。

 

主題歌

  

 

あらすじ 第7話(最終回)

避けられない運命と見定め、再び恐怖新聞の契約者となった詩弦(白石聖)。

自分の命が続く限り、誰かのためになろうと決意する。

恐怖新聞の予言を使って、人々を誘導することで事件や事故を防ぎ、亡くなるはずの命を救っていた。

 

しかし、そんな詩弦の行動は世間では理解されるはずもなく、ネット上で「ヒーロー気取りの偽善者」呼ばわりされた上、蔵之介(横田栄司)や桃香(片山友希)の死のことまで調べられ、自作自演と叩かれるようなってしまった。

さらに「あんたがこの世からいなくなればいいんだ」と正面から暴言を受ける始末…。

 

……それから1年後、詩弦は京都の街から、姿を消した。

 

拘置所に入っている勇介(佐藤大樹)の元に歌子(黒木瞳)が訪れる。

詩弦は相変わらず恐怖新聞を使って、人の為に頑張っているみたいだが、ここ1年ほど会っていないという。

そして、勇介に「私のことは忘れてください」という詩弦からの言葉を伝えるが…。

 

一方、篠崎(駿河太郎)も詩弦を探して、歌子の元を訪れていた。恐怖新聞を引き継ぎたい篠崎に対し、歌子は「命をかけて人を守ることに疲れた詩弦のために契約を引き継いで欲しい」と恐怖新聞の紙とペンを渡すが…。

 

歌子の2つの行動が示すものとは?

そして詩弦はどこへ?

 

全ての伏線がつながり、思いもよらぬ結末へ!!

感動、恐怖、感動、恐怖…畳みかける展開に、感情が追い付かない戦慄の最終話!!

 

恐怖新聞に翻弄された人々の行く末を見届けたとき、あなたがいる世界は違うものに見えるかもしれない…。

 

「恐怖新聞」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


小野田詩弦……白石聖
京都にある大学に通う大学2年生。
20歳になったのをきっかけに大学近くのワンルームマンションで一人暮らしを始めるが、その際のけんかがきっかけで父とは絶縁状態に。自転車宅配サービスのアルバイトを始めるなど、自立心があり真っすぐな性格の持ち主。突然、恐怖新聞が届くようになりおびえるが、ある事をきっかけにその不条理な災厄に立ち向かうことを決意する。

 


松田勇介……佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)
詩弦の恋人。アルバイトを三つ掛け持ちしているフリーター。
不器用で口が悪い部分もあるが、根は優しい。詩弦の先輩としてアルバイト先で出会って恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになったことで人生が激変。不条理な状況の中で、自身が潜在的に持っていた弱さやエゴが浮き彫りになっていく。

 

篠崎林太郎……駿河太郎
京都東警察署の刑事。
恐怖新聞の持つ「力」の可能性を知り、利用しようとする。

片桐ともを……坂口涼太郎
詩弦の隣人で、謎の存在。
病気がちなため、常に家の中にいる。

小野田歌子……黒木瞳
詩弦の母。楽天的な性格で一家の要。
陽気で前向きな性格だが、熱い正義感を持ち、不条理なことは許せない。風水にハマっており、ボールペンを独特なリズム感でカチカチさせたり、1カ所に文字を書き続けることでストレスを晴らす。恐怖新聞の存在を知り、独自の思惑で動きだす。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tokai-tv.com/kyoufushinbun/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ恐怖新聞に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ