同期のサクラ ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図

同期のサクラ

ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図
2019年10月09日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】11月20日 第7話 放送予定
公式サイト


出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

北の小さな離島から、

一人上京した主人公・サクラ。

大手ゼネコンの入社式で、

私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!と社長に宣言。

夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、
最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。

その同期達の10年間の記録ー。

 

Sponsored Links

 

脚本
遊川 和彦(ゆかわ かずひこ)・1955年10月24日生まれ。
・東京都出身。広島県大竹市育ち。
・広島大学政経学部卒業。
・テレビドラマの脚本家。
1987年、『うちの子にかぎって…スペシャルII』で脚本家デビュー。

主な作品
テレビドラマ
『真昼の月』
『GTO』
『魔女の条件』
女王の教室』2020年5月31日 23:59まで配信
家政婦のミタ』2019年9月30日 23:59まで配信
過保護のカホコ』2020年5月31日 23:59まで配信

主題歌

森山直太朗「さくら(二〇一九)」(ユニバーサルミュージック)

 

あらすじ 第7話

2019年11月―。

サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていた……。

 

2015年11月。

サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。

故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。

しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていた……。

その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出される。

急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿が。

黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと話す。

今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないのだが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得してほしいと頼まれるサクラ。

調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決め……。

 

その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ。

美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告。

さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表する!楽しい時を過ごすサクラだが、不吉な夢のことは頭から離れず……。

そして島での住民説明会前日。

サクラの故郷を見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深く満面の笑みをこぼす。

そんな中、葵だけは複雑な表情を浮かべているのだが……。

柊作がずっと体調不良をサクラに隠していたことを島民に聞いたサクラは実家の祖父の元へ向かう。

病院に行くことを勧めるが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかり。

その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごす。

入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作だが、サクラが席を外した隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り……。

柊作から切なくもショッキングな頼み事を託された同期たちは言葉を失う……。

翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れる。

葵は、橋の工事について、あることに気づいたと打ち明け……!

夢の実現を前に究極の選択を迫られるサクラ。

ブレず曲がらず生きてきたサクラの集大成とも言える第7話。

 

「同期のサクラ」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト

北野サクラ…高畑充希
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

夢は故郷の離島と本土との間に橋を架けること。どんな困難が降りかかってきても、決して自身の考えを曲げない強さを持つ。

高畑 充希(たかはた みつき)・1991年12月14日生まれ。
・大阪府東大阪市出身。
・法政大学キャリアデザイン学部卒業。
・女優、歌手。
所属事務所はホリプロ。
2005年、中学在学中に、ホリプロが主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から主演の座を獲得し、シンデレラガールとして女優デビューを果たした。

主な出演作品
テレビ
『とと姉ちゃん』
煙霞-Gold Rush-』2020年8月31日 23:59まで配信
過保護のカホコ』2020年5月31日 23:59まで配信
メゾン・ド・ポリス』2019年12月31日 23:59まで配信

映画
植物図鑑 運命の恋、ひろいました』2020年3月31日 23:59まで配信
怒り』2021年4月4日 23:59まで配信
DESTINY 鎌倉ものがたり』2020年6月4日 23:59まで配信
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』2020年8月6日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

月村百合…橋本愛
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。自分が抱いている夢に向かって常に真摯であり、そのために常に自分の居場所を探し求めている。

 

木島葵…新田真剣佑
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。新入社員にも関わらず「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家。

 

清水菊夫…竜星涼
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。熊本県出身で何事にも熱くなれる性格なのだが、サクラのように将来的な目標が定まっていない。

 

土井蓮太郎…岡山天音
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。何事にもコツコツ取り組む努力家ではあるが、前向きな考え方に持ち込めない傾向がある。

 

火野すみれ…相武紗季
大手ゼネコン「花村建設」人事部勤務。

サクラたち新人社員の研修を担当する。サクラとは10歳離れており、働く母としても奮闘中。

 

黒川森雄…椎名桔平
大手ゼネコン「花村建設」人事部長。

3週間、サクラたち新入社員を正式配属まで預かり、それぞれの配属先を決定する重要な責務を負う。今後10年間、サクラの上司として深く関わっていくことになる。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、新・水曜ドラマ「同期のサクラ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ