同期のサクラ ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図

同期のサクラ

ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図
2019年10月09日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】12月4日 第8話 放送予定
公式サイト


出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

北の小さな離島から、

一人上京した主人公・サクラ。

大手ゼネコンの入社式で、

私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!と社長に宣言。

夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、
最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。

その同期達の10年間の記録ー。

 

Sponsored Links

 

脚本
遊川 和彦(ゆかわ かずひこ)・1955年10月24日生まれ。
・東京都出身。広島県大竹市育ち。
・広島大学政経学部卒業。
・テレビドラマの脚本家。
1987年、『うちの子にかぎって…スペシャルII』で脚本家デビュー。

主な作品
テレビドラマ
『真昼の月』
『GTO』
『魔女の条件』
女王の教室』2020年5月31日 23:59まで配信
家政婦のミタ』2019年9月30日 23:59まで配信
過保護のカホコ』2020年5月31日 23:59まで配信

主題歌

森山直太朗「さくら(二〇一九)」(ユニバーサルミュージック)

 

あらすじ 第8話

2019年12月―。

サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。

意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。

そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。

 

2016年11月。

自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。

もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。

 

そして2018年1月。

百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。

これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。

葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。

 

翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。

髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。

「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。

 

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。

そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。

蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。

さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。

駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。

誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。

さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。

 

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。

サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。

今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。

 

数日後。サクラの元に書留が届く。

それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。

そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

 

「同期のサクラ」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト

北野サクラ…高畑充希
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

夢は故郷の離島と本土との間に橋を架けること。どんな困難が降りかかってきても、決して自身の考えを曲げない強さを持つ。

高畑 充希(たかはた みつき)・1991年12月14日生まれ。
・大阪府東大阪市出身。
・法政大学キャリアデザイン学部卒業。
・女優、歌手。
所属事務所はホリプロ。
2005年、中学在学中に、ホリプロが主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から主演の座を獲得し、シンデレラガールとして女優デビューを果たした。

主な出演作品
テレビ
『とと姉ちゃん』
煙霞-Gold Rush-』2020年8月31日 23:59まで配信
過保護のカホコ』2020年5月31日 23:59まで配信
メゾン・ド・ポリス』2019年12月31日 23:59まで配信

映画
植物図鑑 運命の恋、ひろいました』2020年3月31日 23:59まで配信
怒り』2021年4月4日 23:59まで配信
DESTINY 鎌倉ものがたり』2020年6月4日 23:59まで配信
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』2020年8月6日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

月村百合…橋本愛
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。自分が抱いている夢に向かって常に真摯であり、そのために常に自分の居場所を探し求めている。

 

木島葵…新田真剣佑
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。新入社員にも関わらず「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家。

 

清水菊夫…竜星涼
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。熊本県出身で何事にも熱くなれる性格なのだが、サクラのように将来的な目標が定まっていない。

 

土井蓮太郎…岡山天音
大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。何事にもコツコツ取り組む努力家ではあるが、前向きな考え方に持ち込めない傾向がある。

 

火野すみれ…相武紗季
大手ゼネコン「花村建設」人事部勤務。

サクラたち新人社員の研修を担当する。サクラとは10歳離れており、働く母としても奮闘中。

 

黒川森雄…椎名桔平
大手ゼネコン「花村建設」人事部長。

3週間、サクラたち新入社員を正式配属まで預かり、それぞれの配属先を決定する重要な責務を負う。今後10年間、サクラの上司として深く関わっていくことになる。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、新・水曜ドラマ「同期のサクラ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ