コタローは1人暮らし ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

コタローは1人暮らし

2021年04月24日(土)スタート
毎週土曜 夜11時30分~深夜0時00分
【テレビ朝日系】5月8日 第3話 放送予定
公式サイト

横山裕 主演

このアパートには日本で一番優しい時間が流れている――。
売れない漫画家と訳アリ5歳児が織り成す“ハートフル・コメディ”が誕生!

 

Sponsored Links

 

原作

津村マミ『コタローは1人暮らし』
  

 

脚本
衛藤 凛(えとう りん)
・1978年生まれ。
・東京都新宿区出身。
・脚本家。
フジテレビ制作のテレビドラマの脚本を手掛け、恋愛ドラマを得意とする

主な作品
のだめカンタービレ 最終楽章 前編』2021年10月5日 23:59まで配信
のだめカンタービレ 最終楽章 後編』2021年10月5日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

関ジャニ∞『ひとりにしないよ』(INFINITY RECORDS)
※2021.06.23 リリース

 

あらすじ 第3話

無事にひとりで『幼稚園の清水』に入園したさとうコタロー(川原瑛都)。

売れない漫画家で時間に余裕のある狩野進(横山裕)が送り迎えを担当し、実は料理の得意な秋友美月(山本舞香)がお弁当作りをするなど、『アパートの清水』の住人たちは、自然とコタローをサポートするようになっていた。

 

そんなある日、狩野はコタローに、出版社の編集担当・福野一平(大倉孝二)から原稿にダメ出しされるかもしれない…と、思わず弱音を吐いてしまう――。

いつになく弱気な狩野が、いざ福野の後輩の編集担当・矢野(戸塚純貴)に原稿を見せようとしたその時、インターホンが鳴り、コタローがやって来る。

「わらわも同席しよう」――慌てる狩野を横目にじっとダメ出しに耳を傾ける、まるで保護者のようなコタローの姿を見た矢野は…。

そんな中、コタローは狩野が席を外した隙に、矢野にあるお願いをするのだが…?

 

さらに、お弁当を作ってくれた美月に恩返しをしたいと考えたコタローは、休日に美月と狩野を誘って公園でピクニックをすることに!

楽しい時間を過ごした記念に写真を撮りたいという美月にコタローは…!?

 

その後、3人が公園からアパートに戻って来ると、部屋の前で緊張した面持ちの弁護士・小林綾乃(百田夏菜子)が待ち構えていた。

すれ違い続きで生活費を渡せていなかった綾乃は、何としてでもコタローに会わなければ!と、休日を返上してアパートにやって来たのだ。

あいさつしようとする綾乃をスルーし、黙って部屋に入ってしまったコタローだが、再びドアが開いて…?

 

オシドラサタデー「コタローは1人暮らし」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

狩野進(かりの しん)〈35〉…横山裕

『アパートの清水』の住人。漫画家。
漫画賞を受賞以降、鳴かず飛ばずで1日中アパートにひきこもり自堕落な生活を繰り返している。ある日、隣室に1人で引っ越してきた5歳児のコタローが1人だけで夜中に銭湯に通う姿を目撃して心配になり、幼稚園の送り迎えをするなど、何かとコタローの世話を焼くようになる。

 

さとうコタロー〈5〉…川原瑛都

子連れは入居禁止の『アパートの清水』に「家賃が払えるなら別にいーよ」と大家から許可を得て引っ越してきた訳アリ5歳児。
笑顔を見せず、ほぼ無表情。新聞を5紙購読、ゴミの分別も完璧と、5歳らしからぬしっかり者だが、子供らしいところもあり、大好きなアニメ『とのさまん』をマネて、「わらわ」「おぬし」「いってまいる」といった殿様語を話す。

 

秋友美月(あきとも みずき)〈25〉…山本舞香

『アパートの清水』の住人。キャバクラ嬢で、源氏名はミキ。
コタローを“コタローちゃん”と呼んでかわいがる。お菓子作りが得意でコタローにあげることも。いつも明るく元気だが、実はヒモの彼氏に悩まされている。

 

ほか

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kotaro/cast/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kotaro/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、オシドラサタデーコタローは1人暮らしに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ