准教授・高槻彰良の推察 シーズン1 ネタバレあらすじ第1話とキャストや相関図など

准教授・高槻彰良の推察

ネタバレあらすじ第1話とキャスト
2021年08月07日(土)スタート[全8回]
毎週土曜 夜11時40分~深夜0時35分
【フジテレビ系】8月7日 第1話 放送予定
公式サイト

主演・伊野尾慧

素晴らしい!君との出会いは、僕にとって“事件”だよ

”異能“を持った准教授と“孤独”を抱えた少年の目線を通じて、“人とつながること”の大切さを描いたヒューマンミステリー!

 

Sponsored Links

 

原作

澤村御影『准教授・高槻彰良の推察』シリーズ
  

 

脚本

藤井清美、伊藤崇

藤井 清美(ふじい きよみ)・1971年8月23日生まれ。
・徳島県出身。
・筑波大学第一学群人文学類卒業。
・脚本家、演出家。
所属事務所は株式会社ステラキャスティング。

 

伊藤 崇(いとう たかし)・1970年12月14日生まれ。
・山口県出身。
・九州産業大学芸術学部写真学科卒。
6年間の会社勤めを経て、高校の時に志したシナリオライターを目指すために上京。映画学校で2年間シナリオについて学んだのち、「こちら本池上署」でデビューを果たす。

 

主題歌

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」(ジェイ・ストーム)

 

あらすじ 第1話

8年前――青い提灯の怪しい光に包まれた祭に紛れ込んだ一人の少年。

誰もがお面をつけ無言で踊り続けている。

それは人が決して立ち入ってはいけない祭だった――少年はそこで死んだはずの祖父に出会う。

「尚哉、お前はこんなところに来ちゃいけなかったんだ……」

 

大学生になった深町尚哉(神宮寺勇太)は孤独を抱え生きていた。

青い提灯の祭の日以来、人の嘘が分かるようになってしまった尚哉。

人が嘘をつくと、その声がゆがみ奇妙な音になって聞こえてしまうのだ。

尚哉の能力に気付いた両親は尚哉を遠ざけ、尚哉もまた親しい人間を作ることなく生きてきた。

そんな中、何となく受講した「民俗学Ⅱ」のイケメン准教授・高槻彰良(伊野尾慧)に興味を持つ尚哉。

高槻の言葉は「ウソ」が全くなく、その声は心地よく耳に届いたのだ。

見たものをすべて瞬時に記憶できる完全記憶能力を持ち、世の中の怪異現象にしか興味がないという高槻。

そんな高槻に、尚哉はなぜか引き付けられていく―――

 

そんなある日、平原まりか(志田未来)、真鍋和夫(温水洋一)が勤める小学校で「コックリさん」を巡る怪異事件が起きる。

「コックリさんに連れていかれる―――」

たまたま出会った児童の言葉に驚く尚哉。

その声は一切、歪まなかったのだ。

つまり、本物の怪異が起きている!?

「素晴らしい!」

思わぬ怪異現象にテンションが上がる高槻と、そんな高槻を保護者のように見守る高槻研究室の大学院生・生方瑠衣子(岡田結実)とともに、なぜか助手として一緒に謎を追うことになる尚哉。

 

果たして本物の怪異は存在するのか!?

 

完全記憶能力を持った准教授と、嘘が分かる孤独な大学生の凸凹バディが送るヒューマンミステリー。

堂々開幕!

 

オトナの土ドラ「准教授・高槻彰良の推察 シーズン1」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

高槻彰良…伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

青和大学文学部の准教授。

 

深町尚哉…神宮寺勇太(King & Prince)

青和大学文学部の新入生。

 

ほか

出典:https://www.junkyoju-takatsuki.com/special/01.html

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.junkyoju-takatsuki.com/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、オトナの土ドラ准教授・高槻彰良の推察 シーズン1に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ