コウノドリ あらすじ 第4話とキャストや相関図

コウノドリ

2017年10月13日(金)スタート
毎週金曜 夜10時00分~10時54分
【TBS系】11月3日 第4話 放送予定
公式サイト

“生まれること、そして生きること”

命が「生まれる」という“奇跡”とは…
その命を育て、「生きること」とは…

生まれてきた全ての人へ捧ぐ
いとおしい「命」の物語がふたたび─

 

Sponsored Links

 

原作:鈴ノ木ユウ『コウノドリ』(講談社刊)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コウノドリ 全巻セット (1-18巻 最新刊)/鈴ノ木ユウ/講談社
価格:10926円(税込、送料無料) (2017/9/9時点)

 

脚本:坪田 文、矢島弘一、吉田康弘

主題歌:Uru「奇蹟」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Uru / 奇蹟 【初回生産限定盤】 【CD Maxi】
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/10/28時点)

 

ゲスト

秋野 蓮 … 安めぐみ

秋野壮太 … 前野朋哉

青木朋子 … 木下優樹菜

青木三郎 … パーマ大佐

 

キャスト

鴻鳥サクラ(こうのとり さくら)…綾野 剛

下屋加江(しもや かえ)…松岡茉優

小松留美子(こまつ るみこ)…吉田 羊

白川 領(しらかわ りょう)…坂口健太郎

大澤政信(おおさわ まさのぶ)…浅野和之

向井祥子(むかい しょうこ)…江口のりこ

四宮春樹(しのみや はるき)…星野 源

今橋貴之(いまはし たかゆき)…大森南朋

 

ほか

 

あらすじ 第4話

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。

我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。

蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。

一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

 

相関図(マウスポインターが上にくると画像が拡大します)


 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ